FASHION

「盗まれた芸術品」に黒人モデルを起用したブランドが炎上

Source: Stolen Girlfriends Club

ニュージーランドのファッションブランド『Stolen Girlfriends Club(以下、SGC)』が2日、人種差別的な広告を掲載したことに対して謝罪した。

若者向けのモダンな服飾を販売しているSGCは先月末、『Stolen Artifacts(盗まれた芸術品)』というジュエリーコレクションを発表した。

しかし、このコレクションに黒人モデルとアジア系のモデルが採用されたことで「植民地支配を彷彿とさせる」と非難の声が続出。SGCは広告を削除し、公式インスタグラムで謝罪声明文を記載した。

 

View this post on Instagram

A post shared by Marc Moore (@marcmoore)

 

同ブランドのデザイナー、マーク・ムーア(Marc Moore)氏は声明文の中で、コレクションの名前に「Stolen(盗まれた)」という単語を使用したのは、ブランド名が由来していると弁解した。

しかし、「それでも僕は、この単語と有色人種の方を組み合わせるべきではなかった」と陳謝。自分の非を認め、今後はコレクション考案の時点で問題がないかのチェック体制を整えると明言した。

そして現在、『Stolen Artifacts(盗まれた芸術品)』は、『True Artifacts(本物の芸術品)』に改名されている。

 

おすすめ記事

  1. 低身長な息子の背を伸ばすため1日1000回のジャンプを提案
  2. アジア人のように振る舞えば差別されない? 大学教授の発言が波紋を…
  3. キム・カーダシアン、3人目の子供は代理出産?
  4. ミスしたら罰金、昼休憩は20分? 元従業員が告発
  5. 航空会社のCEOが自ら食品の宅配を行うと発表
  6. バイク運転手はトイレを使えない?ショッピングモールの「職種差別」…
  7. 白人至上主義の扇動者、ヘイトスピーチ違反でYouTube利用禁止…
  8. 野良猫が弁護士会の職員として採用される?その理由とは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。