FASHION

96歳のファッショニスタがバービー人形に!?

1921年生まれのファッション・アイコン:Iris Apfel(アイリス・アプフェル)は、自身のファッションブランドを手掛ける96歳のビジネスウーマンだ。

そんなアイリスをモデルにしたバービー人形が3月15日に公表され、話題となっている。

 

おばあちゃんバービー人形がお目見え

噂のバービー人形がこちら。

左が皆さんご存知バービー、そして右側にいる可愛らしいおばあちゃんがアイリス・バービー人形だ。

キラキラでカラフルな装い、大きくて目立つアクセサリー、そしてトレードマークの丸いサングラスは、まさにアイリスそっくり。

 

製造会社のMattel(マテル)はアイリスのバービー人形を発表するにあたり、こう発言した。

「アイリス・アプフェルは、その特異なファッション・センスと起業家精神、主体性がバービー人形のモデルとして適正だった。彼女の長く華やかな経歴が、人形のモデルとなる名誉を与えるのに相応しかった。」

しかし、残念ながらアイリスのバービー人形は市販されていない。

それでも、彼女のアクセサリーブランド:Rara Avis jewelry collectionにインスパイアされたバービー人形が近日販売予定とのこと。

 

 

多様なバービー人形を手掛けようと

近年、バービー人形を手掛ける玩具会社Mattel(マテル)は、多様性を取り入れようと奮闘している。

国際女性DAYである3月8日には、様々な人種・国籍の女性をモデルにしたバービー人形を販売して話題を呼んだ。

多様性のコンセプトには、She(彼女)とHero(ヒーロー)を掛け合わせた”Sheroes”という名の下で企画が進められている。

バービー人形になったモデルの中には、オリンピック選手の二コラ・アダムスやクロエ・キム、バレリーナのヤンヤン・タンなど、多様な人種の女性が名を連ねている。

今回は若い女性だけでなく、何歳になっても女性はバービーになれることを表現したかったのかもしれない。

何歳になってもファッションは思う存分楽しめるということを、これからの女性には伝えていきたいものだ。

 

 

おすすめ記事

  1. 「盗まれた芸術品」に黒人モデルを起用したブランドが炎上
  2. ヒジャブを着た女性がロレアルパリの広告に登場!ヘアブランドでは初…
  3. 化粧品会社LUSHが卵の使用を全面禁止に
  4. 高級ブランドのBVGARIが着物をチマチョゴリと間違える
  5. ダウン症の女の子がファッション誌のモデルとして採用される
  6. リアルファーがサンフランシスコ市で販売禁止に
  7. 「足が太すぎる」演劇学校から入学拒否された美女モデル、過去の苦悩…
  8. デンマークでイスラム特有の顔を覆う宗教服が着用禁止に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。