ANIMALS

野生のカワウソと大都会の共存

Source: Kang Yen Tiing/Facebook

1970年代、シンガポールの急激な都市開発の影響で絶滅したかと思われていた野生のカワウソ達。しかし政府や国民の地道なカワウソ保護活動によって、現在では少しずつ個体数が回復している。

こうした歴史とその愛らしいルックスのためか、シンガポール人のカワウソに対する関心は強い。2018年、カワウソの赤ちゃんがゴム製の輪に絡まり身体が酷く傷付いていたニュースが国内で大きな注目を浴びた。そのカワウソは国内でアクエリアスと名付けられ、カワウソの愛護団体『Otter Working Group(以下、OWG)』によって「アクエリアスを救えプロジェクト」が発足。そしてアクエリアスの捕獲後、獣医に治療され輪を除去した翌日、彼が群れの仲間と元気に泳いでいた姿が報道されたという。

そんなカワウソ愛の強いシンガポールでは、街と共生する野生のカワウソの姿を収めた写真がSNS上で人気を博している。さらに、『Otter Watch(カワウソ観察)』や『Bernard Photojournals』というカワウソ専門のグループが創設され、フェイスブック上で仲間と戯れるカワウソの写真や保護活動の様子を伝えるページを運営している。

彼らの撮影した写真には、大都会の摩天楼を背景に自由気ままに生活するカワウソ達の姿が映し出されており、その対照的な美しさに魅了される。

Source: Kang Yen Tiing/Facebook

Source: Bernard Photojournals/Facebook

Source: Bernard Photojournals/Facebook

Source: Otter Watch/Facebook

Source: Otter Watch/Facebook

 

おすすめ記事

  1. 「男性が足を広げないように」女子生徒のデザインした椅子が新人賞受…
  2. ディズニー・ワールドがベジタリアン用フードガイドの提供を開始
  3. 毎年恒例の「素っ裸自転車マラソン」が中止に?
  4. 動物実験の反対署名が8万件集まるも叶わず ラブラドール6匹を殺処…
  5. 「ファーストクラス風」の撮影スタジオ、インフルエンサー達に人気
  6. 水深45m! 一般利用OKの世界一深い民間プールが今秋オープン
  7. 雲南省の動物園が「パンダの糞」をお土産として提供
  8. 黒人ヒーロー映画の評価を下げようと右翼系ネットユーザーが妨害行為…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。