CULTURE

フィギュアスケート大会でクラブ調の音楽を使ったパフォーマンスが話題に

フィギュアスケート。

儚くも美しい氷上のダンスには、可憐でエレガントな音楽がつきもの。

バッハやモーツァルト、久石譲など、オーケストラを使った上品な曲を使用することが定番だ。

というより、そういった曲調しかフィギュアスケートのパフォーマンスに合わないためか、それ以外の音楽を使う選手がいなかった。

そんなフィギュアスケート界の「暗黙の了解」を破った選手が今週、アメリカで誰もが驚く選曲をしてファンを驚かせた。

 

パフォーマンス曲にDJ Snakeのクラブ・ミュージックを選び話題に

今年アメリカで開かれた最初の全国大会で、ニューヨークはクイーンズ出身のフィギュア・スケーター、Jimmy Ma(ジミー・マー)。

彼の選択した曲は、フィギュアスケート界では異例中の異例であるハウス・ミュージックだ。

クラブでよく使用されているDJ Snake(DJスネイク)の”Propaganda”と”Turn Down For What”が会場に響き渡り、観客も思わず歓声を上げた。

しかし、優雅なパフォーマンスとは裏腹のノリノリなクラブ・ミュージックに実況は少々困惑気味。

結果は11位と伸び悩んだが、フィギュアスケートの歴史を塗り替えてくれる最初のパフォーマンスとなるかもしれないと、SNSを中心に期待の声が上がている。

 

 

関連記事

  1. スタバとマックの強力タッグでエコカップの開発に尽力
  2. 女子は「肩を見せている」だけで懲戒処分!?男子生徒が驚きの反撃に…
  3. おもちゃに性別は関係ない?商品を男女別に分ける風潮に不満の声続出…
  4. 「生活の邪魔だった」娘2人を殺害した23歳女に終身刑
  5. 廃プラスチックが木材の代替品に?ベンチャー企業の挑戦
  6. 各国首脳が揃ってジョン・レノンの名曲「イマジン」を合唱?
  7. 黒人差別撤廃運動「くだらない」 アジア系モデルに批判が殺到
  8. 女性の笑顔の写真は「淫らで卑猥」?上司の発言に困惑

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。