CULTURE

フィギュアスケート大会でクラブ調の音楽を使ったパフォーマンスが話題に

フィギュアスケート。

儚くも美しい氷上のダンスには、可憐でエレガントな音楽がつきもの。

バッハやモーツァルト、久石譲など、オーケストラを使った上品な曲を使用することが定番だ。

というより、そういった曲調しかフィギュアスケートのパフォーマンスに合わないためか、それ以外の音楽を使う選手がいなかった。

そんなフィギュアスケート界の「暗黙の了解」を破った選手が今週、アメリカで誰もが驚く選曲をしてファンを驚かせた。

 

パフォーマンス曲にDJ Snakeのクラブ・ミュージックを選び話題に

今年アメリカで開かれた最初の全国大会で、ニューヨークはクイーンズ出身のフィギュア・スケーター、Jimmy Ma(ジミー・マー)。

彼の選択した曲は、フィギュアスケート界では異例中の異例であるハウス・ミュージックだ。

クラブでよく使用されているDJ Snake(DJスネイク)の”Propaganda”と”Turn Down For What”が会場に響き渡り、観客も思わず歓声を上げた。

しかし、優雅なパフォーマンスとは裏腹のノリノリなクラブ・ミュージックに実況は少々困惑気味。

結果は11位と伸び悩んだが、フィギュアスケートの歴史を塗り替えてくれる最初のパフォーマンスとなるかもしれないと、SNSを中心に期待の声が上がている。

 

 

 

おすすめ記事

  1. コロナ禍で多忙な配達員の男性、誕生日ケーキを贈られて歓喜の涙
  2. ヒジャブを着た女性がロレアルパリの広告に登場!ヘアブランドでは初…
  3. 気分は皇帝?小学校のソーシャルディスタンス対策が話題に
  4. SNSでヘイト扇動や殺害を促進、ネオナチの23歳男に実刑判決
  5. 不治の病に苦しむ金魚に、素敵な「浮き輪」をプレゼント?
  6. トイレを詰まらせ激高、35歳男が親戚の女の子を銃殺
  7. 割れた腹筋に刺青の入った僧侶? 新星モデルに世界中が注目
  8. 親に見放された子供をゲイのペンギンが保護

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。