CULTURE

日々のストレスを発散!「公用サンドバッグ」がニューヨーク市に登場

Source: donttakethisthewrongway/Instagram

満員電車、残業、高い家賃・・・都市部での生活は疲れを誘発する要因に溢れている。しかし、街行く人々は必死にストレスを抑制して平穏を装っているのではないだろうか。そうした人々の悩みを解決しようと、あるデザイン事務所が斬新なアイデアを考え出した。

その名も、『公用サンドバッグ』。街灯に取り付けられた黄色いサンドバッグには、「自己責任でご利用ください」との文字と共に、強く握り締めた拳のイラストが描かれているのみだ。

「気持ちに応える公共設備―」

毎年5月に開催されるアートの祭典『ニューヨーク・デザイン・ウィーク』に合わせ、期間中のみニューヨーク市内の数箇所に設置されたこのサンドバッグは、多くの人々の関心を引いた。

アイデアを考案したデザイン事務所『donttakethisthewrongway(ドント・テイク・ディス・ザ・ロング・ウェイ)』は、公用サンドバッグを設置させた意気込みをこう語る。

「公用サンドバッグは、私達が人間であるが故に直面する不満や苛立ちを、健全な方法で解消させてくれます」

この斬新なアイデアは国内外から大きな注目を集め、公式インタグラムの投稿には「素晴らしい」「どこにあるの?」「もっと設置して」など称賛の声が多数送られている。

 

おすすめ記事

  1. 11月5日は”赤毛を愛そうの日”? 最も珍しい髪色を称賛する試み…
  2. 低身長な息子の背を伸ばすため1日1000回のジャンプを提案
  3. 叱られて泣き叫ぶ女の子を慰めるゴールデンレトリバー
  4. プラスチックごみで遊ぶ野生の子猿達
  5. 「憎きアジア人を痛い目に」危険運転致死傷罪で21歳男に有罪判決
  6. クリスマスに仕事の入ったCAの娘と一緒に過ごすため、父親が搭乗券…
  7. 人種差別による虐め認知件数が過去最大に
  8. アジア系を「黄色い人」と呼んだ黒人女性に批判が殺到

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。