CULTURE

日々のストレスを発散!「公用サンドバッグ」がニューヨーク市に登場

Source: donttakethisthewrongway/Instagram

満員電車、残業、高い家賃・・・都市部での生活は疲れを誘発する要因に溢れている。しかし、街行く人々は必死にストレスを抑制して平穏を装っているのではないだろうか。そうした人々の悩みを解決しようと、あるデザイン事務所が斬新なアイデアを考え出した。

その名も、『公用サンドバッグ』。街灯に取り付けられた黄色いサンドバッグには、「自己責任でご利用ください」との文字と共に、強く握り締めた拳のイラストが描かれているのみだ。

「気持ちに応える公共設備―」

毎年5月に開催されるアートの祭典『ニューヨーク・デザイン・ウィーク』に合わせ、期間中のみニューヨーク市内の数箇所に設置されたこのサンドバッグは、多くの人々の関心を引いた。

アイデアを考案したデザイン事務所『donttakethisthewrongway(ドント・テイク・ディス・ザ・ロング・ウェイ)』は、公用サンドバッグを設置させた意気込みをこう語る。

「公用サンドバッグは、私達が人間であるが故に直面する不満や苛立ちを、健全な方法で解消させてくれます」

この斬新なアイデアは国内外から大きな注目を集め、公式インタグラムの投稿には「素晴らしい」「どこにあるの?」「もっと設置して」など称賛の声が多数送られている。

 

おすすめ記事

  1. 300万円で駐車スペースを購入するも、狭すぎて降車できず
  2. クリス・ブラウンが強姦罪で告訴される? 本人は強く否定
  3. コロナ禍で多忙な配達員の男性、誕生日ケーキを贈られて歓喜の涙
  4. 宿題を忘れた罰?子供に物乞いをさせた父親に非難の声
  5. ノーブラで出勤したら解雇? 20代女性が人権侵害を申し立てる
  6. 実子3人を繰り返し強姦した父親に懲役33年、小児性愛障害と診断
  7. ニューヨークでコロナ差別 アジア人女性に罵詈雑言
  8. アジア圏で人気のカップケーキ店、外国人労働者を低賃金で搾取か

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。