CULTURE

水深45m! 一般利用OKの世界一深い民間プールが今秋オープン

Source: Facebook/Deepspot

ポーランド東部マドフシェ県にある街ムシチョヌフ(Mszczonow)で、「世界一深いプール」ができると期待が高まっている新しい融合施設『DEEPSPOT(ディープスポット)』が話題を呼んでいる。

最も深い位置が45mと、一般的なビル15階分の高さに匹敵するほどだ。ディープスポットの公式サイトによると、プールは「ダイバーやアスリート達の練習場として最適」であると宣伝しているが、一般利用も可能と書かれている。

Source: Facebook/Deepspot

Source: Facebook/Deepspot

プールの体積は、一般的な25mプールの約30倍という広大な8000m3となる。

ディープスポットは融合施設として稼動する予定であり、建物内にはプール内部を見渡せるホテルや会議室、トレーニングルームも増設されるという。

また、水深5mほどの位置に透明のトンネルを設置し、一般人が中を通過できるサービスもあるらしい。

 

Source: Facebook/Deepspot

現在、「世界一深いプール」のタイトルを持つイタリアの『Y-40』という4つ星ホテル内にあるプールの深さは40m。今年秋にディープスポットがオープンすることで世界一の座を奪われてしまうが、実は今イギリスでディープスポットよりも深いプールが建設中だというのだ。その名も、青の深淵を意味する『Blue Abyss(ブルー・アビス)』。2020年に完成予定となるブルー・アビスの最深部は、なんと水深50mに達する。

とはいえ、ブルー・アビス完成までの約1年間は「世界一深いプール」の称号が与えられるディープスポット。また、ブルー・アビスは深海潜水装置のテスト利用や宇宙飛行士などの訓練施設としての機能を最優先させていることから、融合施設で一般利用が可能なディープスポットにより多くの注目が集まりそうだ。

 

おすすめ記事

  1. アオザイを着たカントリー歌手に「文化盗用」と批判が続出
  2. 今年のゴールデン・グローブ賞は全員ブラックドレス?その理由とは
  3. コロナ救済金を出し惜しみ、戦車は大量購入? 政府に批判殺到
  4. 「黒人にバーキンは似合わない」? カーディ・Bが反論
  5. ユーチューバーがデミ・ロバートを「薬物中毒の負け犬」とツイッター…
  6. 実子3人を繰り返し強姦した父親に懲役33年、小児性愛障害と診断
  7. 新型コロナ感染拡大でも予備校は授業を再開
  8. 「ブラが透けてるから」 図書館が女性の入場を拒否

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。