CULTURE

同性愛を讃えて歩行者信号がゲイカップル仕様に

Source: Deutsche Welle

ドイツ西部の都市ケルン(Cologne)で2月、街中の歩行者信号のアイコンを同性愛カップル仕様に変更されることが発表された。

ドイツの英字メディア『Deutsche Welle(以下、DW)』が伝えた。

Source: flickr

ヨーロッパ各地で祝賀される同性愛を讃える日『Christopher Street Day』に向けたイベントの一環として、ケルン市の職員により企画されたゲイカップル仕様の歩行者信号機。

更にDWによれば、1969年にアメリカはニューヨーク市で勃発した、権力による同性愛者の迫害に対する抵抗運動『ストーンウォールの反乱』の50周年を記念したメッセージも込められているという。

同性愛への偏見や差別が少ないドイツでは昨年、性転換手術をしたトランスジェンダーの男性が地方議会議員に選出されたり、2017年にはメルケル首相によって同性婚の合法化を認める法案が通るなど、”ゲイフレンドリー”な環境を官民一体となって促進していることが近年注目されている。

関連記事

  1. 「今日はどの人種になろうかしら」 人気モデルの発言が炎上
  2. 法律が障壁に?実母を惨殺した12歳男児を不起訴処分
  3. 大人気TikTokerディクシー・ダミリオの最新曲に賛否両論の声…
  4. 聴覚障害の店員を蔑視?バーガーキングが反撃に出る
  5. 虐待に耐えかねたモスクワ在住の三姉妹が父親を殺害
  6. 友人からの行き過ぎた”儀式”を受け、新郎…
  7. 長時間スマホで遊んでいた男性が視力を一時的に失う
  8. 結婚式に登場したキャバリアの子犬に視線が釘付け

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。