CULTURE

『Space Jam』の続編公開、ローラ・バニーの「性的な」要素を一新?

Source: Warner Bros. Entertainment

1996年に世界中で大ヒットを記録した映画『スペース・ジャム(Space Jam)』の続編が、今年7月にアメリカで公開されることが決定した。

本作『Space Jam: A New Legacy(原題)』では、プロバスケットボール選手のレブロン・ジェームズ氏が主演を務め、ルーニー・テューンズのキャラクター達との共演に期待が高まっている。

しかし予告映像を観た視聴者の多くは、ある1点のことが気掛かりのようだ。

それは、ヒロインであるローラ・バニー(Lola Bunny)の劇的に変化した「体型」。前作に比べてグラマラスではなく、ルーズなユニフォームを着て肌の露出を抑えたボーイッシュなルックスとなっている。

オリジナル版(上) 最新版(下)Source: Warner Bros. Entertainment

マルコム・D・リー監督は米メディア『Entertainment Weekly』の取材に応え、デザインを一新させた意図をこう述べた。

「今はもう2021年なのだから、能力のある強い女性像を描くことが重要だ。だから僕達はキャラ作りをしていく中で、ローラが女性らしさを残しつつ、性的な扱いを受けないよう考慮した」

また同作が子供向けであることを強調し、性的魅力を醸し出すキャラクターの必要性に懐疑的な姿勢を示した。

一方で、ファンからは不満の声が続出。「前作のローラ・バニーも有能な女性だった」「美人は能無しとでも言いたいのか」など厳しい意見が寄せられている。

 

おすすめ記事

  1. 「強さを証明する」野良猫を生きたまま食べた69歳男に批判が殺到
  2. 「最も美しいアメリカ海兵隊」シャノン・イークとは
  3. マッサージ店と偽り売春宿を経営していた47歳女を逮捕
  4. コロナが収束、医療従事者の集団結婚式が挙げられる
  5. 韓国系のエリート外交官、トランプ政権に我慢ならず辞職
  6. 轢いてしまった小鳥を救おうと病院に駆け付けた男の子が話題に
  7. 黒人男性と交際中のノルウェー王女、黒人暴行死事件に苦言を呈す
  8. 親を亡くし1人で自活する10歳の男の子

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。