CULTURE

アラブ語の楽曲『Hadal Ahbek』が世界中で大ヒットを記録

Source: Issam Alnajjar || عصام النجار/Instagram, TikTok

好きな音源を選んで自由に動画を編集出来る、世界中で人気の動画共有アプリ『TikTok』。

TikTokでトレンドとなった曲は年代や国を問わず話題を呼び、瞬時にヒットソングとなる影響力を持つ。

そうしたなか、あるアラブ語の音源が昨年末から注目を集め始め、その哀愁漂う曲調に様々なテーマの動画を合わせる人々が続出しているのだ。

 

@elliotandjess

The best feeling😍 #fyp #viral #relationship #couplegoals #trend #foryoupage

♬ You give me butterflies – Xonnek._シ

聞き慣れない言葉ながらも、一度聴いたら頭から離れないこの歌は、『Hadal Ahbek(ハダル・アフベク=君を愛し続ける)』というアラブ語の曲だ。

作曲者は、中東の国ヨルダンに住むイサム・アルナジャール(Issam Alnajjar=トップ画像)さん。彼が昨年9月に投稿したYouTubeミュージックビデオは現在、2500万回再生を超えるほどの人気を集めている。

Source: Issam Alnajjar/YouTube

「何を言っているか分からないけど、ずっと聴いていられる」「フィリピンでも凄い人気だよ」「アラブ人として誇りに思う」など、コメント欄には絶賛の声が殺到。

音楽配信サービス『Spotify』による全世界で最もストリーミングされた曲をランク付けした『Global Viral 50』でトップの座を獲得し、各国のチャートにもランクインした。

アラブ語の楽曲が世界一を記録したのは初の快挙であり、アルナジャールさんは17歳という若さでその名を世界に轟かせた。

View this post on Instagram

A post shared by عصام (@issamalnajjar)

音楽共有サイト『Sound Cloud』で1080人のフォロワーを持つ彼のプロフィールには、「僕は、この小さなコミュニティーが大好きだ。僕にとって、ファンの皆はかけがえのない存在だよ」と書かれている。

しかしHadal Ahbekの大ヒットによって、彼のファンベースが「小さなコミュニティ」であり続けることは、そう長くはなさそうだ。

 

 

おすすめ記事

  1. 「極小ペニス!」アジア系俳優がまた煽られる
  2. 新型コロナ給付金詐欺、2億円不正受給で男8人を起訴
  3. 教員の同性婚を支持したカトリック系学校 イエズス会の警告を一蹴
  4. エマ・ワトソンが国内初のセクハラ相談窓口に寄付金を支出
  5. アジア人女性を卑下した動画に批判殺到
  6. 「海に感謝しろよ」人気DJがバリ島ビーチでゴミ拾い
  7. 毎日8kmもの距離を歩いて通勤していた同僚に車をプレゼント!?
  8. パリス・ヒルトン、自伝映画で酷遇を受けた過去を明かす

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。