CULTURE

スパイダーマン最新作は韓国系アメリカ人の少女が主人公

Source: Marvel

世界中で大人気を博しているアメリカンコミック『スパイダーマン(Spider-Man)』。

米メディア『Variety』によると、映画制作元の子会社であるソニー・ピクチャーズ・テレビジョンは現在、シルク(Silk)という韓国系アメリカ人の少女を主人公としたシリーズ最新作に着手しているという。

シルクは2014年に公開された『アメイジング・スパイダーマン』に登場した、ピーター・パーカーのクラスメイト、シンディ・ムーン(Cindy Moon)だ。

 

Source: Marvel

原作では、核廃棄物の取り扱い方について社会見学に来ていたシンディとピーターに、粒子加速器から出た放射性物質を帯びた蜘蛛が噛み付くという展開だ。

そしてシンディもピーター同様、蜘蛛の糸を自在に操ったり超能力を得たスーパーヒーローとして描かれている。

実写版はAmazonの動画配信サービス『Prime Video』にて、テレビドラマとして連載がスタートされる予定であるという。

 

おすすめ記事

  1. シャネルがマスクと防護服の生産に着手
  2. ミネアポリス暴動で破壊された街を立て直す市民達
  3. 男子留学生1人に複数の若い女性?大学の新制度に批判が相次ぐ
  4. クリッシー・テイゲンが「妊娠線」を公開!プロのモデルが「モデル体…
  5. 「コロナはゲイに対する神罰だ」と発言した聖職者がコロナに感染
  6. ラップ歌手カーディ・Bが極右勢力とバトル!?美女同士の口論に釘付…
  7. SNSで地元の飲食店を支援 コロナ不況のなか
  8. 「スポーツ精神と可愛いは両立できる」母親の作品が話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。