CULTURE

スパイダーマン最新作は韓国系アメリカ人の少女が主人公

Source: Marvel

世界中で大人気を博しているアメリカンコミック『スパイダーマン(Spider-Man)』。

米メディア『Variety』によると、映画制作元の子会社であるソニー・ピクチャーズ・テレビジョンは現在、シルク(Silk)という韓国系アメリカ人の少女を主人公としたシリーズ最新作に着手しているという。

シルクは2014年に公開された『アメイジング・スパイダーマン』に登場した、ピーター・パーカーのクラスメイト、シンディ・ムーン(Cindy Moon)だ。

 

Source: Marvel

原作では、核廃棄物の取り扱い方について社会見学に来ていたシンディとピーターに、粒子加速器から出た放射性物質を帯びた蜘蛛が噛み付くという展開だ。

そしてシンディもピーター同様、蜘蛛の糸を自在に操ったり超能力を得たスーパーヒーローとして描かれている。

実写版はAmazonの動画配信サービス『Prime Video』にて、テレビドラマとして連載がスタートされる予定であるという。

 

おすすめ記事

  1. チョコレート菓子、ダークチョコを「ブサイク」と呼び人種差別的だと…
  2. 黒人生徒に「アフリカ人の様に謝罪しろ」と要求、小学校校長が辞職
  3. 【映画】『パラサイト』の作品賞受賞は「左翼の陰謀」と保守層が憤怒…
  4. 新型コロナ給付金詐欺、2億円不正受給で男8人を起訴
  5. 【フィリピン】女性が警備員の彼氏に突然プロポーズ!?
  6. 乳癌と診断された恋人との結婚を決意
  7. 「ドレスが着たい!」 息子の言葉に父親は・・・
  8. レスリング審判が試合直前に黒人選手に髪を切るよう指示

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。