CELEBS

「ゲイの男は生理がないくせに」 司会者の発言に批判殺到

Source: Instagram

アメリカの人気司会者が「ゲイの男は私達のスカートやヒールを身に付けるべきではない」などと発言し、性差別的であるとして波紋を呼んだ。

ウェンディ・ウィリアムズ氏(トップ画像)が司会を務めるトーク番組『The Wendy Williams Show』で先月13日、バレンタインデー前日に行われる『ギャレンタインデー(Galentine’s Day)』の話題が上がった。

ギャレンタインデーとは「女性同士で楽しむバレンタインデー」のことで、女性であることの喜びを祝う男子禁制のイベントだという。

ウィリアムズ氏が同イベントについて語り、観客席から拍手が上がると、彼女は男性客が一緒に拍手をしていたことに気が付いた。するとウィリアムズ氏はその場で、「あなた達は男性なんだから関係ないでしょう?」と彼らに向けて言い放ったのだ。

加えて「ゲイだとしても同じことよ。あなた達は28日おきに月経が来ることも無いのだから」と続け、女性特有の生理現象に悩む必要のない男性がギャレンタインデーに関わろうとすることに不快感を露わにした。

そして最後に「あと、私達のスカートとヒールを履くのも止めてちょうだい。女性だけに与えられたものが無くなってしまうわ」と言い捨てた。

番組の終了後、同発言は「LGBT+を侮辱している」としてSNSなどネット上で大バッシングを受け、批判の声は現在も相次いでいる。

しかしその翌日、バレンタインデーの日にウィリアムズ氏はインスタグラムを更新し、番組内での発言について陳謝する動画を投稿した。

 

View this post on Instagram

A post shared by Wendy Williams (@wendyshow)

 

ウィリアムズ氏は動画の中で「番組を見返してみて、自分の発言が如何に軽率であったか気付いたわ」と過失を認め、ファンに向けた謝罪の言葉を述べた。

「本当にごめんなさい。深くお詫び申し上げます。そして、ずっと私をサポートしてくれるファンの皆様に、深く感謝致します。これから私は行いを慎んで、最善を尽くすように努力するわ。私を励ましてくれて、本当にありがとう」

彼女の謝罪声明には多くの称賛と激励が送られており、彼女の誠意を尊重し謝罪を受け入れるLGBT+コミュニティーからのコメントも多数投稿されている。

 

おすすめ記事

  1. 人気ドラマで反差別を訴えるエピソードを放映、保守層からは批判の声…
  2. ジョンソン首相の父親が「国民は教養がない」と侮辱発言
  3. ビール醸造技術を用いて困窮者に炊き出し所を提供
  4. 「アジア人は劣等種」 白人の男が罵倒するも逮捕されず
  5. 駅のホームで押され29歳男性が死亡 少年2人を逮捕
  6. 「活性炭」を使った料理が都市部で話題に
  7. バスは見逃し、親の車は衝突・・・試験会場に急ぐ高校生を警察官が送…
  8. 麻薬組織ボスの妹の結婚式に奇襲攻撃 18歳新婦が死亡

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。