CELEBS

アジア系女優が「ハローキティみたいに演じて」と指示される

Source: Instagram

ネットフリックスオリジナル作品『好きだった君へのラブレター(原題:To All The Boys I’ve Loved Before)』で主人公ララ・ジーン役を演じ、その名を世界に轟かせたベトナム系アメリカ人のラナ・コンドル氏(トップ画像)。

彼女は先月、芸能メディア『Variety』のインタビューに応え、同作品のキャスティング担当者から「ハローキティみたいに」演じるよう指示されたという過去を明かした。

「そう言われて私、『え、どういうことですか?』って聞いたの。しかも、ハローキティって口が無いでしょ?だから『声を上げてはいけない、大人しくしていて、ということ?』って答えたの。あの一言で私、すごく傷付けられたわ」

アジア人女性に対する偏見が未だ根強く残る現実に、コンドル氏は不快感を露わにした。

View this post on Instagram

A post shared by @lanacondor

一方で、『クレイジー・リッチ!(原題:Crazy Rich Asians)』や『パラサイト 半地下の家族』など、アジア人が主要登場人物の映画が欧米で高い人気を得ている近年の傾向に、コンドル氏もアジア系女優として恩恵を受けていると述べた。

「私達は大きな一歩を踏み出してるわ。今ではスタジオに入ると、前より真面目に対応してくれるようになったの」

コンドル氏は『好きだった君へのラブレター』で韓国系アメリカ人の主人公を演じることで、欧米社会におけるアジア系のイメージや先入観を改善させる一助になれるのは喜ばしいことだと語った。

同時に、メディアを通した意識改革が今後も継続して必要であると訴えている。

 

おすすめ記事

  1. 新しい義足を装着した男の子、嬉しさのあまり笑顔でダンスを披露
  2. Huluが黒人差別を懸念、人気ドラマの配信を停止
  3. 小さなペンギンと71歳おじいちゃんの友情物語
  4. タバコのポイ捨てをした男、罰金30万円と12時間の社会奉仕を命じ…
  5. ニカブを着た乗客にバス運転手が「顔を見せろ」と罵倒
  6. 「刑務所にぶち込むぞ」 アジア系議員への脅迫が相次ぐ
  7. マッサージ店と偽り売春宿を経営していた47歳女を逮捕
  8. 「安らかに眠れ」介護施設のハロウィン装飾に批判殺到

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。