CELEBS

億万長者カイリー・ジェンナー 、ファンに治療代を募り袋叩きに

Source: Kylie Jenner/Instagram

アメリカの若き億万長者カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner=トップ画像)が、治療費をファンから募ろうとしたことで大バッシングの嵐を受けている。

現地メディアによるとジェンナーは21日、交通事故に遭った元ヘアメイク担当のサミュエル・ローダさんの手術代を寄付してほしいと、自身のインスタグラムを通してフォロワーに呼び掛けた。

ローダさんの家族が開設した募金ページは当初、1万ドル(約108万円)の目標金額が設定されていた。彼女が5000ドル(約54万円)を寄付したことで1万ドルを超え、現在は12万ドル(約1300万円)に変更されている。

しかし、これに多くのファンが激情。「家族全員すごいお金持ちなのに、中流階級からお金をせびるってどういうこと?」「まだ2歳の娘に1万5000ドル(約160万円)のバッグを買うくせに、仲間の治療代はケチるのね」など、厳しい批判の声が相次いでいるのだ。

炎上を受けたジェンナーは今日、インスタグラムに自身の言い分を投稿し、治療代を募った理由について以下のように弁明した。

Source: Kylie Jenner/Instagram

「サムはもう、私のヘアメイク担当者ではないの。プライベートでも関わることは無くなったわ。でも、今のヘアメイク担当者のアリエルを伝って彼が交通事故に遭ったことを知ったの。事故の詳細を聞いて、居ても立っても居られなくなった。

そんな時、サムの家族が募金サイトで寄付を呼び掛けていたから、目標金額の1万ドルに辿り着けるように5000ドルを寄付したの。当時は既に6000ドル集まっていたわ。

その後、同じように彼の助けになりたい人がたくさんいると思って、募金についてシェアしたのよ」

ジェンナーは治療代の寄付を呼び掛けたことについて、ファンから指摘されているような悪い意図は全く無いと釈明。憶測で人格否定をするのは止めて欲しいなどと訴えている。

 

おすすめ記事

  1. 「活性炭」を使った料理が都市部で話題に
  2. トイレを詰まらせ激高、35歳男が親戚の女の子を銃殺
  3. 「中国ウイルス!」アジア系アメリカ人の退役軍人が暴行を受ける
  4. ジョンソン首相の父親が「国民は教養がない」と侮辱発言
  5. スタバとマックの強力タッグでエコカップの開発に尽力
  6. 筋力低下に苦しむ同級生の為に、6年間”おんぶ”で介助をする男の子…
  7. 野良猫が弁護士会の職員として採用される?その理由とは
  8. 新型コロナ対策?ペットの犬を生き埋め、窓から投げ捨てる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。