CELEBS

「男たる者バナナを食べるべからず」?有名ラッパーがノンケに苦言!

Source: Instagram, Pixabay

映画「ワイルド・スピード」の主題歌”See You Again”を歌ったことでも知られる有名ラッパーのWiz Khalifa(ウィズ・カリファ)が、「ゲイだと思われたくなければ、男はバナナを食べるのは避ける方が良い」と主張したことで話題を呼んでいる。

彼が奇想天外な主張をしたのは、アメリカのラジオ番組「The Breakfast Club」にゲスト出演した時である。

インタビューが始まる前に「好きなフルーツと野菜は?」という話題で盛り上がっていたところ、Wiz Khalifaが突然「バナナをそのまま食う男は疑わしい。男ならまず半分に切って食べるべきだ」と発言。

Source: The Breakfast Club/YouTube

これに司会者はもちろん困惑。「皮を剥いて食べればいいだろう。ただのフルーツだぞ」と反論。

しかしWizは「君のためを思って言ってるんだ。いいか、公の場でバナナを食うときは、絶対に半分に切ってからにしないと疑われるぞ」と、冷静にコメント。

どうやら冗談で言ってるのでは無く、本人は「男のバナナの食べ方」について大真面目なようだ。

このインタビューを聞いた多くの男性ユーザー達が、Wiz Khalifaの偏った考えに対して怒りの声をぶつけた。

 

「バナナを食べる男はゲイだって?男らしさを保つことってそんなに脆いものなのか?」

「何かを食べてる時に男性器を思い浮かべるとは、実は相当ゲイに興味があるんだろうな。」

痛烈な批判の数々がWizに向けられているが、実は食べ物を巡って「ゲイか否か」を判断する思考の持ち主は、過去にもいた。

2016年には、イギリスのテレビ司会者Richard Hammond(リチャード・ハモンド)がテレビ番組内で、「アイスクリームは食べない。僕はゲイじゃないので」と発言し、物議を醸した。

 

おすすめ記事

  1. 妖艶なアジア人美女モデル達の姿
  2. 妖艶なラブドールを妻と呼ぶボディビルダーの男性が話題
  3. 飼い主の元を目指し、ラクダが100㎞の道のりを歩く
  4. コロナ感染対策で「おひとり様レストラン」がオープン
  5. 亡き夫へ捧ぐ 妻がウェディングドレスで写真撮影に挑む
  6. 「同性愛は罪」と唱える牧師の前で濃厚キス
  7. フランス人女性、「フランス語力が不十分」で永住権を得られず
  8. クリスマスに仕事の入ったCAの娘と一緒に過ごすため、父親が搭乗券…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。