ART

急逝した『ブラックパンサー』主人公の壁画がディズニーワールドに登場

Source: Nikkolas Smith/Instagram

先月28日、結腸癌によりこの世を去った俳優チャドウィック・ボーズマン(Chadwick Boseman)さん。

長年の闘病生活を公表していなかったため、突然の訃報に世界中が悲しみに包まれた。

大ヒット映画『ブラックパンサー(Black Panther)』の主人公ティ・チャラ王を演じたボーズマンさんへの追悼と、メディアによる特集が多々報じられている中、アメリカ南部フロリダ州のディズニー・ワールドにボーズマンさんが描かれた巨大な壁画が登場した。

 

View this post on Instagram

A post shared by Nikkolas Smith (@nikkolas_smith)

 

小さな子供と一緒にブラックパンサーの決めポーズをして、優しい表情で微笑むボーズマンさん。これは生前、小児病院を訪れて病に苦しむ子供達に元気を与えていた彼の姿を忠実に描いている。

この壁画を手掛けたのは、ディズニーテーマパークの設計を担う技術者『イマジニア(Imagineer)』として働いていた、アーティストのニコラス・スミス(Nikkolas Smith)さんだ。

Source: Via Twitter

その後、スミスさんは作品をInstagramに公開。「多くの子供達にとってティ・チャラ王は偉大であり、彼の役割を担うに値する人物はチャドウィック・ボーズマン以外にいない」と述べ、彼の人生と目的への賛美をアートで表現することができた喜びを語った。

今は亡きボーズマンさんを称えたこの壁画は、ディズニーワールドのショッピングエリア『Downtown Disney』に展示されている。

関連記事

  1. 「餓死か安楽死」 営業自粛で動物園が悲鳴
  2. 「アメリカ人らしくない」 イラン系アメリカ人ブロガーに突き付けら…
  3. 「中国が我が国を汚染させた」 選挙広告が波紋を呼ぶ
  4. 外出禁止令のなかジョギングをした女性が国外退去に
  5. ゾウの子供が過労で倒れ込む?「象乗り」に対する批判の声が高まる
  6. コロナ差別で自警団がアジア系の護衛にあたる
  7. ホームレスの少女達を騙して性的虐待、フランス人の65歳男を逮捕
  8. 今年のゴールデン・グローブ賞は全員ブラックドレス?その理由とは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。