NEWS

バイデン夫人は「博士と名乗るに値しない」? 大手紙の論説が話題

Source: Dr. Jill Biden/Instagram

ジョー・バイデン次期米大統領の夫人であるジル・バイデン氏は、来年1月の大統領就任式にアメリカ史上初の博士号を持つファーストレディとなる。

1975年にデラウェア大学を卒業した後、子育てをしながら高校教師として働いていたバイデン氏。さらに1993年からは短期大学の講師を務めながらデラウェア大学で博士課程に入り、2007年に教育学の博士号を取得した。

自力で実績を積み最高位の学位が授与されたバイデン氏だが、米大手紙『Wall Street Journal(ウォールストリートジャーナル)』で11日、そんな彼女に対し「博士と呼ぶに相応しくない」などと訴える論説が掲載され注目を集めている。

博士号取得時のバイデン氏(上) Source: Duane Perry via The Burgon Society/Twitter

「マダム・ファーストレディ、ミセス・バイデン。その、ドクターという称号を氏名の前に付けないようにすることは可能でしょうか」

同紙の記者ジョセフ・エプスタイン氏は論説を上記のように始め、「博士号の価値は大学の質が低下したことにより薄れてしまった」「ドクターという称号は本来、医師のみが使用を許されるべきなのではないか」などという持論を展開。教育学の博士号は「将来性が無く詐欺的」であると主張した。

しかし彼の論説には「賢いというだけで文句を言われる時代になった」「彼女が男だったら、この記事は書かなかっただろう」などとバッシングが殺到。

またバイデン氏も論説に反応し、「娘達の努力の成果を見下すような世の中ではなく、共に祝賀できる世界を構築してゆきましょう」と批判を一蹴するツイートを投稿した。

さらにヒラリー・クリントン氏ミシェル・オバマ氏ら元大統領夫人など、政界の大御所からも非難声明が出ており、なかには公民権運動の先駆者マーティン・ルーサー・キング牧師の娘、バニース・キング氏も論説に反論した。

彼女はツイッター(下)で、「私の父も医学の博士号は持っていなかったけれど、彼は社会に多大なる影響を残しました。バイデン博士の功績も、また同じなのですよ」とバイデン氏にエールを送っている。

関連記事

  1. 強姦犯が1ヶ月未満で死刑判決 裁判長が法廷で怒りを露わにする
  2. 新生児をゴミ箱に捨てたカップルがSNSで婚約を発表
  3. フレディ・マーキュリーのコスプレでコロナ禍を乗り切る!?
  4. マッサージ店と偽り売春宿を経営していた47歳女を逮捕
  5. 42歳男が不倫相手だった妻の姪を銃殺
  6. アリアナ・グランデの新曲MV「God Is A Woman」に隠…
  7. 豚と猿の「キメラ」が誕生 臓器不足の解消を図るも世界中で非難が相…
  8. ブリジット・バルドーがセクハラ撲滅運動を「目立ちたがりの集まり」…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。