NEWS

航空会社のCEOが自ら食品の宅配を行うと発表

Source: Tony Fernandes/Instagram

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界各国で移動制限が施行されているなか、需要の低迷した航空会社は前例のない苦戦を強いられている。

マレーシアの格安航空会社『AirAsia(エアアジア)』も、苦境に立たされている企業の一つだ。

しかし同社は社会情勢の変化にいち早く対応し、今年5月にフードデリバリーや免税品の通販サイトの運営を開始。さらに、全てのサービスを一括して利用できるアプリも開発させた。

現地メディア『Malay Mail』によると、エアアジアCEOのトニー・フェルナンデス氏(トップ画像)はフードデリバリーへ特に関心を寄せており、なんと自身が宅配ドライバーを担当すると公言したのだ。

 

Source: Tony Fernandes/Instagram

「あなたの家までご飯を届けるための準備中だ。エアアジア・フードを是非チェックしてくれ」

宅配用バイクの側でポーズを決めたフェルナンデス氏は自身のInstagramアカウントを使い、自信満々にデリバリーサービスのPRを行った。

大企業の社長が自宅に食べ物を持ってきてくれるという、2度とないであろうチャンスに多くのユーザーが飛び付き、国内のみならず海外でも大反響を呼んでいる。

同メディアによると、フェルナンデス氏が宅配に対応するのは首都圏内(クアラルンプール)で、12月1日から25日までの期間限定で実施されるようだ。

関連記事

  1. ヒジャブを着た女性がロレアルパリの広告に登場!ヘアブランドでは初…
  2. ビーガンの代替肉に対抗?肉屋が「代替野菜」を販売
  3. 娘の”キラキラネーム”を揶揄われた母親が反撃に出る
  4. スーパーの通気口から侵入し大量の商品を盗んだ男を逮捕
  5. 「この国は人種差別と女嫌いが根付いてる」人気歌手のツイートに批判…
  6. 美女ラッパーが警察に暴行 懲役5年の危機
  7. 介護施設にいる愛妻に毎日会いに来るお爺ちゃん
  8. 患者にニカブを取るよう言及した医師が解雇の危機に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。