ANIMALS

クリスマス用のツリーに紛れ込んだ小さなフクロウを保護

Source: Rockefeller Center/Instagram

毎年この時期になると、アメリカの大都市ニューヨークにあるロックフェラーセンターに巨大なクリスマスツリーが展示され、国内外で高い注目を集めている。

そして今年も14日に同州オネオンタ市から全長23mという松の大木が運び込まれ、12月の点灯式に向けて飾り付けが行われている。

すると16日、なんと木の中から1匹の小さなフクロウを発見。このオスのフクロウは「アメリカキンメフクロウ(北ヒメキンメフクロウ)」という非常に体の小さい種類で、手のひらに収まる程のサイズだ。

Source: Ravensbeard Wildlife Center/Facebook

出会った場所に因んでロックフェラーと名付けられたフクロウは現在、地元の野生動物保護団体『Ravensbeard Wildlife Center』にて保護されており、当初は空腹状態で脱水症状が出ていたが命に別状はないという。

同団体はFacebookに投稿した声明文のなかで、ロックフェラーに適切なケアを与えた後、特に問題が無ければ野生に還す予定だと述べている。

 

関連記事

  1. 結婚式に向けて脂肪吸引をした女性が死亡
  2. 「コロナの感染方法よ!」 歌手が地面や手すりを舐める
  3. リッチな生活をSNSに投稿、詐欺師の逮捕に繋がる
  4. ドゥテルテ大統領「神の存在を証明できるのなら辞職しよう」と明言
  5. 「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到
  6. 「スポーツ精神と可愛いは両立できる」母親の作品が話題に
  7. 頭に教科書を乗せて勉強?小学校教師の思惑とは
  8. ゲイの結婚式と勘違い?男性10人が拘束される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。