CRIME

「俺を誰だと思っている」 酔った警察官が店員に銃口を向ける

Source: NYPD/Instagram

アメリカの都市ニューヨークでバーテンダーとして働く女性が今月、理由もなく自分に銃を突き付けた元警察官の男を告訴した。

現地メディア『New York Daily News』によると事件当日の昨年10月、被害を受けたヒョンジュン・キーさんは、クイーンズ地区のカラオケバー『Apple Tree Cafe』での初出勤日だったという。

しかし、客として来ていたヒョン・キムが突然彼女の頭部に銃口を向けながら「一緒に飲もう」と誘い、「俺を誰だと思っている」「拒否したら射殺する」などと脅したのだ。

別のスタッフが警察に通報すると、キムがニューヨーク市警の警察官であったことが発覚。また、同伴の男が巡査部長だと分かり、後日2人は懲戒免職の処分を受けた。一方で、起訴はされていなかった。

その後もキーさんは暫くの間同店で働いていたが、事件のトラウマからPTSD(心的外傷ストレス)を患い退職したという。

そして先月16日、キーさんはキムを告訴。検察は嫌がらせと脅迫の疑いでキムに出廷を命じたと報じられている。

関連記事

  1. 「韓国人が咳込むか不安」コロナウイルスのネタに非難の嵐
  2. 「僕に優しいお父さんをください」7歳男児がサンタに宛てた願い事
  3. 再犯率2%以下?受刑者に学位を授与する支援団体とは
  4. ニカブを着た乗客にバス運転手が「顔を見せろ」と罵倒
  5. 恋人の両親に好かれるため? 警察官を装った20歳女を逮捕
  6. 小学校のオンライン授業中に女児生徒へ性的暴行、18歳男を逮捕
  7. 33歳独身の息子のために両親が求愛ソングを作曲
  8. 寿司ピザに寿司タコス、寿司シリアル!? アメリカの寿司屋が凄いこ…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。