CELEBS

「今日はどの人種になろうかしら」 人気モデルの発言が炎上

Source: Nikita Dragun/Instagram

YouTubeInstagramなどでインフルエンサーとして活躍しているニキータ・ドラゴン(Nikita Dragun=トップ画像)は、数百万人規模のフォロワーを持つ著名な人気モデルだ。

そんな彼女が4日、「今日はどの人種になったら良いかしら?」とツイートしたことで、人種差別主義者とのレッテルを貼られているのだ。

アメリカでは今、「Blackfishing(ブラックフィッシング)」が問題視されている。非黒人の芸能人が肌を黒くしたり、ブレイズヘアやアフロヘアなど黒人のようなルックスで活動することを指しているという。

 

Source: Nikita Dragun/Instagram

これは黒人の活躍の場を奪う「文化盗用」であるとして糾弾されており、過去にはリアリティスターのキム・カーダシアンや、歌手のリタ・オラが非難の嵐に晒されてきた。

ニキータも以前から、モデルの仕事をこなすなかで「肌を黒く見せている」「編み込みヘアをしている」など、ブラックフィッシングを指摘されてきたことが多々ある。

そうした背景から「今日はどの人種になったら良いかしら」と発言したことで反感を買われ、黒人文化を嘲笑しているようだとして彼女のツイートは炎上したのだ。

しかしニキータは同投稿を削除した後、自身の言い分をこうツイートしている。

 

 

「混血児の私は、幼い時からどこにも属することが出来なかった。『見て彼女、今日はヒスパニックみたいね』と揶揄われるのも、もうたくさん」

「私は、母がメキシコ人で、父はアジア人の混血なの。そして、それを誇りに思ってる。もういいわ。じゃあね」

 

ニキータの両親(上) Source: Nikita Dragun/Instagram

人種的に曖昧な容姿をしていることから、周囲に人種のことでイジられた経験の多いニキータ。そうした過去があり、「今日はどの人種になったら良い?」と冗談を飛ばしたのかもしれない。

それでも一部のユーザーからの怒りは収まらず、「ニキータはブラックフィッシングをしていると認めるべきだ」といった声が上がっている。

関連記事

  1. 性転換した夫と再婚 50代にして過去と決別した夫婦
  2. ペットの犬が娘の宿題の見張り役に?父親の斬新なアイデアに注目が集…
  3. モン族の女性がミス・ミネソタに初選出される
  4. 「銃乱射防災訓練」で犯人役の教師がイスラム教徒を模して批判を受け…
  5. 美人女優が暴行?ダウン症の息子を批判した客に激情
  6. バスは見逃し、親の車は衝突・・・試験会場に急ぐ高校生を警察官が送…
  7. テキサス州ヒューストンの警察署長が「銃規制強化」を呼びかける
  8. アパートの窓に巨大な広告が 「光が入らない」とクレーム殺到

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。