FOOD

3Dプリンタで作れる、格安ビーガンステーキとは?

Source: NovaMeat/Instagram

近年は畜産業による環境汚染や倫理的側面が問題視されるようになり、ビーガン(植物由来)の代替肉が欧米を中心に注目を集めている。

各国で研究開発が進められている中、スペインとイスラエルの企業が3Dプリンターで作成された代替肉を発表した。

スペインのベンチャー企業『NovaMeat』は、代替肉市場の現状がバンバーグやナゲットに限られている点に着眼し、ステーキやチキンなどの持つ独特な食感を植物性の原料で再現する研究に取り組んでいた。

 

View this post on Instagram

3D printing #plantbased meat at the @culinaryinstitutebarcelona 🥩🌾 @Nova_Meat

A post shared by NOVAMEAT (@nova_meat) on

 

そして同社は、人工的に身体の組織を作る再生医療技術(ティッシュエンジニアリング)を用いることで肉の食感を生み出すことに成功したのだ。

コメや雛豆、海藻などを組み合わせたペースト状の材料を3Dプリントでステーキの形にさせることで、低予算のビーガンステーキを20分で作ることが出来る様になったという。

さらに、イスラエルの都市レホボトに拠点を置く企業『Redefine Meat』も3Dプリントで作るビーガンステーキの開発に乗り出した。

 

View this post on Instagram

We are thrilled to announce that we are a proud member of EIT Food RisingFoodStars' unique and exclusive community! @food.unfolded . . . EIT Food is supported by the EIT a body of the European Union . . . #redefinemeat #fortheloveofmeat #vegan #vegetarian #flexitarian #meatfree #plantbasedmeat #sustainability #3dprinting #altsteak #altmeat #FutureFoodTech #eitfood

A post shared by Redefine Meat (@redefinemeat) on

 

舌触りや脂肪の配分、口に入れた時の感覚など、ステーキの特徴を細部に至るまで再現するため、同社はシェフや料理研究家からの協力を得て『Alt-Steak』を完成させた。

国内の高級レストランでの提供を視野に入れており、2022年までに小売店への流通を目標として掲げている。

関連記事

  1. ナイキが中国の春節をテーマにした新CMをリリース
  2. バンドエイドが有色人種向けの絆創膏を新発売
  3. 「婚約者がレイプされても子供の面倒を見ることね」財務相候補者の発…
  4. 【アイルランド】有名観光地で留学生が死亡 ”自撮り”が原因か
  5. 真冬を有効活用した”国際凍結ヘア・コンテストR…
  6. 二酸化炭素を汚染物質から有効資源へ
  7. 12歳娘を350円で男に強姦させた父親を逮捕
  8. 廃プラスチックが木材の代替品に?ベンチャー企業の挑戦

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。