NEWS

早老症の女性を揶揄うTikTokの最新トレンド、本人が苦言を呈する

Source: Lizzie Velasquez/Instagram

アメリカのTikTokでは今、『New Teacher Challenge(=新しい先生チャレンジ)』が流行している。

このトレンドは、ビデオ通話アプリ『FaceTime』を通じて相手にドッキリを仕掛けるというもので、今年7月頃から爆発的な人気を得ている。

そこでは親が子供に「新しい先生を紹介する」などと言い聞かせてFaceTimeに誘い出し、途中で「怖い画像」をスクリーンに表示させて、それを見た子供の反応を見て楽しむという内容のようだ。

しかしこの「怖い画像」の多くに奇形児の写真が使われているため、批判の声も相次いでいる。

そして、自身の写真を利用されたモチベーショナルスピーカーのリジー・ベラスケス(Lizzie Velasquez)さんが、Instagramでこのトレンドを糾弾した。

 

View this post on Instagram

I knew this was coming. When I saw this trend start I knew it was coming. Some have been cute and funny but then it starts to cross the line. Showing your kids a photo of someone who looks different in hopes of them having a scared reaction is vile. I’ve seen this trend be done with people who are disabled and I’ve seen this trend be done with BABIES who have Down Syndrome. They don’t have the platform to speak on this but I do and I know I have an army of positive people right next to me. I will say this over and over and over. The people you put in photos or videos are human beings!! We have feelings and we have something we work on everyday called self confidence. Please PLEASE don’t teach your children that it’s funny to be afraid of someone who doesn’t look like them. When adults are upset their kids are being bullied, this is the perfect example that teaching kindness and acceptance starts AT HOME. Just be kind to one another. We need it now more than ever!!

A post shared by Lizzie Velasquez (@littlelizziev) on

 

「お願いですから、自分と容姿が違う人を見たら怖がっても良いということを、子供達に教えないで下さい。子供達は、他者への優しさや気配りを親から学ぶのです」と、幼い子を持つ親に対して強く訴えた。

ベラスケスさんの動画は高い注目を集め、多くの人達から称賛の声が送られている。

さらに、なかには奇形児の写真を使った投稿主から謝罪の言葉が上がり、動画を削除した旨が伝えられていた。

関連記事

  1. 「同性愛は罪」と唱える牧師の前で濃厚キス
  2. 野党議員が女性政治家の「下着の色」に言及し非難が殺到
  3. フェミニスト団体が裸でFacebookに抗議
  4. 強姦犯が1ヶ月未満で死刑判決 裁判長が法廷で怒りを露わにする
  5. 銅像の「巨大な陰部」に男性客が憤慨、ネットでは賛否両論
  6. 野生のピューマに遭遇した女性、爆音でヘビメタを流して追い払う
  7. 女教師が男子生徒と性行為 懲役2年半の実刑判決
  8. 生徒が匿名で精神状態を伝える”チャート”…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。