ART

急逝した『ブラックパンサー』主人公の壁画がディズニーワールドに登場

Source: Nikkolas Smith/Instagram

先月28日、結腸癌によりこの世を去った俳優チャドウィック・ボーズマン(Chadwick Boseman)さん。

長年の闘病生活を公表していなかったため、突然の訃報に世界中が悲しみに包まれた。

大ヒット映画『ブラックパンサー(Black Panther)』の主人公ティ・チャラ王を演じたボーズマンさんへの追悼と、メディアによる特集が多々報じられている中、アメリカ南部フロリダ州のディズニー・ワールドにボーズマンさんが描かれた巨大な壁画が登場した。

 

View this post on Instagram

This one is special. My King Chad tribute is now on a wall on display at Downtown Disney. 🐾 It is a full circle moment for me: my final two projects as a Disney Imagineer last summer were working on the Children’s Hospital project and the Avengers Campus. To millions of kids, T'Challa was a legend larger than life, and there was no one more worthy to fill those shoes than Chadwick Boseman. I'm so thankful to be able to honor Chadwick's life and purpose in this way. I am grateful to the Disney family for being so supportive of my journey as an artist. @waltdisneyimagineering @disney @marvelstudios @disneyland 🐾✨ #LongLiveTheKing #KingChad #WakandaForever #Phambili #DowntownDisney #BlackPanther #ChadwickBoseman #RIPChadwick #WDI

A post shared by Nikkolas Smith (@nikkolas_smith) on

 

小さな子供と一緒にブラックパンサーの決めポーズをして、優しい表情で微笑むボーズマンさん。これは生前、小児病院を訪れて病に苦しむ子供達に元気を与えていた彼の姿を忠実に描いている。

この壁画を手掛けたのは、ディズニーテーマパークの設計を担う技術者『イマジニア(Imagineer)』として働いていた、アーティストのニコラス・スミス(Nikkolas Smith)さんだ。

Source: Via Twitter

その後、スミスさんは作品をInstagramに公開。「多くの子供達にとってティ・チャラ王は偉大であり、彼の役割を担うに値する人物はチャドウィック・ボーズマン以外にいない」と述べ、彼の人生と目的への賛美をアートで表現することができた喜びを語った。

今は亡きボーズマンさんを称えたこの壁画は、ディズニーワールドのショッピングエリア『Downtown Disney』に展示されている。

関連記事

  1. 現代のヒット曲をヴィンテージ風にアレンジさせた動画が凄い!
  2. トランス女性を騙してゴミを渡したYouTuberを逮捕
  3. 黒人差別撤廃運動を支持したベトナム系アメリカ人に殺害予告
  4. 6月21日は「自撮りの日」!気になるセレブ達のセルフィーをご紹介…
  5. のぞき魔に対する厳格な処罰を求め、ある女子大生が立ち上がった
  6. インスタグラマーが聖水で尻を洗う動画に批判が殺到
  7. -7℃のなか赤ちゃんを放置 迷信を信じた両親に怒りの声
  8. 増える「女殺し」に女性達の怒りが爆発

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。