CRIME

小動物29匹をビルから投げ捨てた男性を不起訴処分

Source: 香港01, Apple Daily

香港司法府は2日、猫やウサギ、モルモットやチンチラなど小動物15匹を殺害した40代男性の不起訴処分を発表した。

現地メディア『South China Morning Post』によると中学校教諭の男性は今年2月、海岸沿いにある荃湾区のビル5階からペットの小動物29匹を投げ捨て、後に弁護士と自ら警察に出頭した。男性は身柄を拘束され、交際相手の男性も逮捕されたという。

警察の調べでは29匹のうち15匹が死亡し、14匹は生き延びるも骨折など重傷を負っている。生き残ったペットは動物保護団体が引き取り、獣医による治療が行われた。

 

Source via South China Morning Post

また家宅捜索ではペット用の部屋を1つ発見したが、広々とした間取りで衛生環境も問題は無かったと報じられている。

司法府は男性を不起訴処分としたが、理由は明らかにしていない。

しかし、動物好きの香港区民はこの決定に激怒。「司法府は加害者を守り、弱者を虐げている」などと批判が相次いでいる。

香港には動物愛護法が施行されており、有罪となった場合は最大で3年の懲役もしくは罰金が科される。

昨年、量刑を最大10年に引き上げる法案が提出されたが、現在も議論が続いているという。

関連記事

  1. 「ドレスが着たい!」 息子の言葉に父親は・・・
  2. 女性議員が赤ちゃんを抱えながら議会へ出席、その理由とは
  3. 宅配のお兄さんが大好きな女の子が可愛い
  4. 米大統領選挙、争点に「肉の消費量」が加わる?
  5. 飼い猫が全身にスプレーを掛けられ3日後に死亡
  6. アジア系の留学生を強打 新型コロナでヘイトクライムが横行
  7. パリの全裸レストランが”人気不足”で閉店…
  8. LGBT+向けジムが極右団体からの脅迫を受け閉鎖に追い込まれる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。