CULTURE

スパイダーマン最新作は韓国系アメリカ人の少女が主人公

Source: Marvel

世界中で大人気を博しているアメリカンコミック『スパイダーマン(Spider-Man)』。

米メディア『Variety』によると、映画制作元の子会社であるソニー・ピクチャーズ・テレビジョンは現在、シルク(Silk)という韓国系アメリカ人の少女を主人公としたシリーズ最新作に着手しているという。

シルクは2014年に公開された『アメイジング・スパイダーマン』に登場した、ピーター・パーカーのクラスメイト、シンディ・ムーン(Cindy Moon)だ。

 

Source: Marvel

原作では、核廃棄物の取り扱い方について社会見学に来ていたシンディとピーターに、粒子加速器から出た放射性物質を帯びた蜘蛛が噛み付くという展開だ。

そしてシンディもピーター同様、蜘蛛の糸を自在に操ったり超能力を得たスーパーヒーローとして描かれている。

実写版はAmazonの動画配信サービス『Prime Video』にて、テレビドラマとして連載がスタートされる予定であるという。

関連記事

  1. 「救世主ぶるな」アン・ハサウェイ、黒人を擁護したつもりが逆効果に…
  2. 真冬を有効活用した”国際凍結ヘア・コンテストR…
  3. ポケモンのブーツがお値段6万円で販売開始
  4. 飲酒運転で捕まった女が「私はこんなに可愛いのに」と懇願
  5. 黒人死亡事件の犯行現場を撮影した、17歳の少女
  6. 自殺した美人歌手の元恋人に実刑判決
  7. 道端で排便する子供を注意した清掃員が暴行を受ける
  8. ボリウッド女優が「お前は真のイスラム教徒じゃない」と批判される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。