NEWS

黒人ハーフモデルの試練、親戚からも人種を馬鹿にされ

Source: Keyana/Instagram

シンガポールを拠点にモデルや歌手として活躍しているKeyana(キアナ=トップ画像)さんは、中国人とガーナ人のハーフだ。

彼女は現地のモデル事務所『Mannequin Studio』と契約を交わし、国内外でファッション誌の表紙を飾るなどして注目を集めている。

しかし、白い肌にストレートの髪が美の基準として根付くアジア圏で黒人ハーフとして活動することは、「狭き門であり、他人種を嫌う視野の狭い人達に直面しなければならない」とキアナさんは語る。

 

View this post on Instagram

A post shared by KEYANA (@heykeyana)

 

幼い時から容姿が違うことで偏見の目で見られ、差別を受けてきたキアナさん。

なんと、親戚からもヘイトスピーチの被害を受けたことがあるという。

春節を祝うために家族で集まった時、黒人蔑視用語である「Orh Lang」と呼ばれ揶揄われたと、香港メディア『South China Morning Post』のインタビューで明かした。

 

View this post on Instagram

A post shared by KEYANA (@heykeyana)

 

まだ17歳であるキアナさんは、こうした理不尽な偏見や差別に耐え忍んできた。

しかしモデルとして注目を集め始めると、SNSを用いてヘイトスピーチを止めるよう呼び掛けたり、アメリカの黒人差別撤廃運動『Black Lives Matter』への支持を表明するなどして、シンガポールにおける人種差別と闘う姿勢を見せるように。

さらに、国内で差別に苦しむアフリカ系のシンガポール人を支援するため、『Our Voices(私達の声)』というキャンペーン運動を開始させた。

そこで彼女は、「アフリカ系コミュニティーに発言の場を与え、シンガポールで人種差別撤廃の動きが高まるよう促したい」と意気込みを語っている。

関連記事

  1. 縁結びのパワースポット? ブナの木が出会いの場に
  2. ゲーマー女子の「理想と現実」を再現した写真が話題
  3. アリアナ・グランデの新曲MV「God Is A Woman」に隠…
  4. 「極小ペニス!」アジア系俳優がまた煽られる
  5. オス猿がライオンの子供を誘拐?しかも子煩悩
  6. 外出禁止令を悪用、猛禽類を狙う違法狩猟が多発
  7. トレーニングを口実に痴漢行為、女性コーチが助け船を出す
  8. 50代男性に1.4億円で処女を売った19歳の美女

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。