CULTURE

若者の政治意欲を向上? バービーの新作は女性のエンパワメント重視

Source: Mattel

世界中の女子の憧れ、お洒落でスレンダー美人のバービー人形は、時代の流れと共にその容貌やステートメントを変化させてきた。

そして今月、アメリカ大統領選挙が今年11月に迫るなか、バービーが新作『Campaign Team(選挙運動チーム)』を発表した。

この新作では、大統領選立候補者、チームリーダー、資金調達担当、そして有権者という4人がセットとなっている。幼い時から政治を日常的なものとして浸透させ、若者の政治意欲を掻き立てることを目的としているという。

 

View this post on Instagram

This election year, #Barbie celebrates the limitless potential of girls everywhere to stand up for what they believe in, with the Barbie Campaign Team career set. #Barbie2020 #YouCanBeAnything

A post shared by Barbie (@barbie) on

 

 

大統領候補バービーのシリーズは、1992年から大統領選挙に合わせて7作品を展開。3作目からは黒人やアジア系など、マイノリティのバービーを多数制作した。

同社のリサ・マクナイト副社長は声明文にて、アメリカにおける女性リーダーは3分の1に満たず、そのなかで黒人女性は更に少ないと指摘。

「私達は、女児に将来の人物像に触れてロールプレイをする機会を与えることで、リーダーシップへの道に蔓延る障害を取り除くことを目標としています」

 

View this post on Instagram

It’s their turn to be heard! Visit #Barbie’s resource hub for writing prompts, activity sheets, play ballots and more to inspire your little ones to play out their futures as leaders, at the link in bio. #Barbie2020 #YouCanBeAnything

A post shared by Barbie (@barbie) on

 

製造元の『Barbie and Dolls』はデビューから60年間、200種類以上の職業や人物像のバービー人形を提供し、女児が自分の夢を追いかける後押しをするために「You can be anything(あなたは、誰にでもなれる)」という理念を掲げている。

なかには宇宙飛行士やボクサー、医療従事者や車椅子に乗ったバービー人形があり、人種や体形も従来のスレンダーな金髪の白人女性だけではなく、様々な容姿が作られている。

幼い時から多種多様な人物像に触れることで、自分の可能性を無限に広げる取り組みを進めているのだ。

関連記事

  1. オーストラリア発!ボヘミアン調のファッションブランド『Camil…
  2. 亡き夫へ捧ぐ 妻がウェディングドレスで写真撮影に挑む
  3. 水泳の授業で6才男児が溺死、周囲は誰も気付かず
  4. 新作カクテルの名前は「女を殺す」!?シドニーのバーに批判殺到
  5. 客に人種差別の濡れ衣を着せた従業員が解雇に
  6. Spotifyが「ペット向けプレイリスト」を作成
  7. ハロウィンの仮装イベントに「ブラックフェイス」で登場した男女が批…
  8. ゲイ嫌いのペンス副大統領、同性愛者のアイルランド首相を自宅に招く…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。