CRIME

“アンチフェミニスト”の弁護士が女性判事の息子を銃殺

Source: Roy Den Hollander, Rutgers University

アメリカ東部ニュージャージー州連邦地裁の裁判官、エステル・サラス判事(トップ画像左)の息子が銃殺され、FBI(連邦捜査局)は弁護士のロイ・デン・ホランダー(トップ画像右)を容疑者として特定した。

米メディア『Associated Press』によるとホランダー容疑者は19日、宅配業者を装って判事の自宅に出向き、ドアを開けた息子のダニエルさんを射殺した。さらに、玄関に駆け付けた夫のマーク・アンダル氏も銃撃を受け重傷を負った。判事は襲撃を免れた。

事件翌日にホランダー容疑者の遺体が発見され、発砲した銃弾に巻き込まれたことが死因とみられている。被害者との面識はなく、犯行動機は明らかにされていない。

ホランダー容疑者は昨年、徴兵制の対象に女性が含まれていないことを不服とした訴えを起こしており、訴状を受理した裁判官がサラス判事であったと報じられている。米メディア『The Atlantic』によると、その時ホランダー容疑者は「サラスは自分のキャリアのために裁判を遅らせているんだ」などと不満を述べていたという。

「フェミニズムは宗教」と唱えるホランダー容疑者は、自身の公式サイトに「紳士たちよ、今こそ自らの権利のために立ち上がる時だ」とのステートメントを表示しており、男性の権利向上のためにフェミニストと闘うことを宣言していた。

彼は以前、女性のみが割安料金でクラブに入場できる『Ladies’ Night(レディースナイト)』という制度を違憲としてナイトクラブを提訴したり、名門コロンビア大学は「女性学を取り入れているのに、男性学の授業がないのは違憲だ」と主張して訴訟を起こした。いずれも敗訴している。

 

 

 

関連記事

  1. 都市封鎖でペンギンが自由気ままに道端をお散歩
  2. ベッカムが”大叔父さん”に!姪が娘を出産
  3. 「セクシーな服を着ていた罰」 男女グループの謝罪声明が公開される…
  4. 男児への性的虐待で起訴された教師が”殺し屋”を雇うも失敗に終わる…
  5. バイク運転手はトイレを使えない?ショッピングモールの「職種差別」…
  6. 誕生日ケーキの”男女別”デザインが性差別…
  7. 外出禁止令、同性愛嫌悪の両親と暮らすゲイの子供達
  8. 頭に教科書を乗せて勉強?小学校教師の思惑とは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。