CRIME

黒人男性を射殺した白人警官に義援金2600万円以上が集まる

ギャレット・ロルフ(上)Source: Atlanta Police Department

アメリカ南東部ジョージア州で発生した白人警官による黒人男性射殺事件で、解雇されたギャレット・ロルフ容疑者(トップ画像)を支持する声がSNS上で高まっている。

複数の罪に問われている27歳のロルフ容疑者だが、同州の警察官支援団体『Georgia Law Enforcement』が証拠不十分などの理由で起訴内容の不服を訴え、Facebookで寄付を呼び掛けているのだ。

同団体は現地メディアの取材に対し、裁判費用や生活費、そして家族への義援金など総額25万ドル(約2600万円)以上が集まったことを明かした。

 

 

ロルフ元警官は12日夜、同州の都市アトランタのファストフード店からの通報を受け、ドライブスルーを塞いでいた27歳のレイシャード・ブルックスさんを飲酒運転の疑いで捜査していた。

しかし、ブルックスさんが別の警官からテーザ―銃を奪い逃走を図ろうとした時、ロルフが彼に向かって拳銃を発砲した。検察の調べによるとロルフはその後「やったぞ!」と叫び、横たわるブルックスさんの身体を蹴るなどして応急処置を怠っていたという。

そして17日、ポール・ホワード検事はロルフ容疑者を殺人罪を含む11の罪で起訴。有罪となれば最高で死刑もしくは終身刑が科される。

 

 

関連記事

  1. ゲイの81歳牧師が他界、全ての遺産が27歳夫に引き渡される
  2. エルパソ銃乱射事件 白人至上主義をテロ集団認定せよとの声
  3. KFCでビーガン向けチキンバーガーが新発売
  4. 「殺された村人の敵討ち」? 保護対象のワニが大量虐殺される
  5. 虐めを受けた9歳の男の子、義援金5000万円を慈善団体に寄付
  6. マイケル・ムーア監督が「白人の男は権力を放棄しろ」と主張
  7. 男子学生が障碍者の女性に暴行、さらに写真を撮影し非難が殺到
  8. 子猫を保護したと思った女性、よく見たらボブキャットだった

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。