CRIME

詐欺罪で飲食店オーナー夫婦に懲役1446年の判決が下される

Source: Laemgate Seafood Restaurant/Facebook

タイの首都バンコクで飲食店を営んでいた夫婦が10日、客からカネを騙し取ったとして懲役1446年の刑が処された。

現地メディア『Thai PBS』によると、シーフードレストラン『Laemgate Seafood Restaurant』の経営者であるアピチャート・パロンジュラカと妻のプラパソーン・ボヴォンバンチャは昨年初旬、コースメニューの割引券販売を告知した。

そこで、10人前が880バーツ(約3000円)、20人前が2020バーツ(約7000円)などの法外な安値を提示したため注文が殺到。なんと2万人もの予約客が集まり、1億円規模の収入を得たという。

 

 

しかしレストランは「供給が追い付かない」ことを理由に、サービス停止の発表を余儀なくされた。

同店は返金を約束したと報じられているが、突然のキャンセル通知に激怒した購入者らの一部が警察に通報。夫婦は詐欺罪など723件の罪で起訴され、1人懲役723年の計1446年という超長期刑を科されたのだ。

一方で、タイでは犯した罪につき刑罰を加える「併合罪加重」という手法が一般的に取られているため、表面上は数千年という判決であっても、実際は数年や数十年で出所する場合が殆どであるという。

関連記事

  1. 「スポーツ精神と可愛いは両立できる」母親の作品が話題に
  2. シリア難民と偽ったヨルダン人が元ルームメイトを刀で殺害
  3. シャネルがマスクと防護服の生産に着手
  4. 知人女性を監禁・強姦した父娘を逮捕
  5. 「女を手当たり次第に殺す」27歳男がSNSに脅迫文を投稿
  6. 新型コロナ対策?ペットの犬を生き埋め、窓から投げ捨てる
  7. 高級ブランドのBVGARIが着物とチマチョゴリを間違える
  8. 外出禁止令で家庭菜園の人気が急上昇中

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。