NEWS

コロナ差別からアジア系を守る犯罪抑止団体が誕生

Source: Meddafore/Twitter

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害拡大に伴い、アメリカではアジア系を狙ったヘイトクライムが相次いでいる。

そうした現状から人々を守るため、大都市ニューヨークの中華街でパトロール活動を行う自警団が発足した。

 

Source: Karlin Chan/Twitter

地元住民らによって結成された自警団『Chinatown Block Watch(チャイナタウン・ブロック・ウォッチ)』は、アジア系の多く住む中華街周辺をオレンジ色のベストを着てパトロールし、飲食店などの個人事業主と連絡を取り合いながら街の安全を見守っている。

 

Source: Meddafore/Twitter

現地メディア『Bowery Boogie』によると、同団体は警察のように犯罪者と直接対峙するのではなく、監視が行われている体制を見せることで犯罪の抑止力となることを目指しているという。

創始者のカーリン・チャン氏は同メディアの取材に対し、「コロナ禍にいるのは、みんな一緒だ。地域の安全を保たなければならない。次の被害者は、自分かもしれない」と語り、現在はボランティアの募集を呼び掛けている。

 

関連記事

  1. 「ジョーカーの階段」が観光名所に?一方で注意喚起も
  2. コロナ差別で韓国人留学生が現地学生と大喧嘩に
  3. 鬱病から抜け出し、フェレットと一緒に世界旅行を決意
  4. 高校の警備員が生徒のバイクを見事に整理!SNS上で絶賛の声
  5. ゲイの結婚式と勘違い?男性10人が拘束される
  6. 「同じ人種間で結婚するべき」 ハーフの孫への中傷に不動産王が反論…
  7. のぞき魔に対する厳格な処罰を求め、ある女子大生が立ち上がった
  8. 謎の全身ラバー男 夜道で住民に襲い掛かる卑劣な犯行

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。