ANIMALS

コロナで他界した飼い主を待ち続ける、忠犬シャオバオ

Source: 诗华日报

中国・湖北省の武漢市にある病院で、他界した飼い主の帰りを待ち続ける小さな犬の姿が注目を集めている。

現地メディアによると飼い主の男性は今年2月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患して武漢太康医院で療養していたが、数日後にこの世を去った。

そうしたなか、男性のペットの犬(トップ画像)が彼の死亡後も病院のロビーから離れず、それに気付いた職員らが餌を与えるなどして様子を見ていたという。

 

Source: 阿喵伤我千百遍/观察者网

Source: 诗华日报

その後は院内にある売店の店主にシャオバオと名付けられ、別の場所に移しても戻ってくるため暫くの間は彼女が世話をしていた。

病院のスタッフに可愛がられていたシャオバオだが、患者のなかから動物がいることに対する苦情が相次ぎ、現地の動物愛護団体『武漢市小動物保護協会』に引き取られたという。

現在は同団体の施設内で暮らしており、シャオバオを新しく迎え入れてくれる里親を探している。

関連記事

  1. 【中国】正統派美女、張辛苑とは?
  2. 「この女をレイプして!」中年女性の不可解な発言が物議を醸す
  3. 母親が母親を呼び・・・「4世代チャレンジ」が話題に
  4. 「韓国人が咳込むか不安」コロナウイルスのネタに非難の嵐
  5. 貧しい息子のために鞄を編んだ父親に感動の声が続出
  6. 都市封鎖でペンギンが自由気ままに道端をお散歩
  7. ユーチューバーがデミ・ロバートを「薬物中毒の負け犬」とツイッター…
  8. 先住民の行進を白人高校生らが嘲笑う?

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。