ANIMALS

野生動物の「殺生コンテスト」が禁止に 生態系破壊に懸念

Source: RENE RAUSCHENBERGER/Pixabay

アメリカ中西部コロラド州が先月30日、「野生動物殺生コンテスト(Wildlife Killing Contest)」を法律で禁止すると発表した。

野生動物保全団体『Project Coyote』によると、殺生コンテストというのは狩猟した野生動物の数や大きさを競う大会だという。

アメリカでは娯楽として狩猟が行われるスポーツハンティングが文化として栄えてきたが、近年は非人道的で生態系を破壊しているとして非難が集中してる。

また殺生コンテストは狩猟協会からも批判が出ており、「ハンターのイメージを下げる」などとして数年前からコンテストの法的禁止措置を要求していた。

全国で野生動物殺生コンテストを禁止させた州は、カリフォルニア州・バーモント州・アリゾナ州・マサチューセッツ州・ニューメキシコ州に続き、これで6つ目となる。

関連記事

  1. コロナ苦で女性が自殺未遂 給付金支給を拒否され
  2. チャンネル登録者数80万人以上の人気ユーチューバー、児童虐待容疑…
  3. スーパーマーケットが「賢いバナナの食べ方パッケージ」を発売
  4. 腕のない障碍者の女性が両足で防護服を縫製
  5. 「貧困は地方政府の責任」 内務大臣の発言が波紋を呼ぶ
  6. 飼い主の不在中に同居人がペットの猫を虐待 監視カメラ映像が拡散さ…
  7. 女子学生にスカート着用を強制することは違憲との判決が下される
  8. ケンダル・ジェンナーがまた批判の的に?アフロヘアで”文化盗用”か…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。