ANIMALS

野生動物の「殺生コンテスト」が禁止に 生態系破壊に懸念

Source: RENE RAUSCHENBERGER/Pixabay

アメリカ中西部コロラド州が先月30日、「野生動物殺生コンテスト(Wildlife Killing Contest)」を法律で禁止すると発表した。

野生動物保全団体『Project Coyote』によると、殺生コンテストというのは狩猟した野生動物の数や大きさを競う大会だという。

アメリカでは娯楽として狩猟が行われるスポーツハンティングが文化として栄えてきたが、近年は非人道的で生態系を破壊しているとして非難が集中してる。

また殺生コンテストは狩猟協会からも批判が出ており、「ハンターのイメージを下げる」などとして数年前からコンテストの法的禁止措置を要求していた。

全国で野生動物殺生コンテストを禁止させた州は、カリフォルニア州・バーモント州・アリゾナ州・マサチューセッツ州・ニューメキシコ州に続き、これで6つ目となる。

関連記事

  1. 「貴方に代わって相手に嫌がらせをします」新サービスが波紋を呼ぶ
  2. 【ベトナム】大量の”ビール”を体内に投入された患者が命拾い?医師…
  3. シリア人ラッパー、祖国を戦場に利用する勢力を批判
  4. 黒人死亡事件の暴動からスーパーを守る市民の姿
  5. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈
  6. 小さなペンギンと71歳おじいちゃんの友情物語
  7. ダウン症の女の子がファッション誌のモデルとして採用される
  8. トランプ支持者は食事が無料? レストランの思いとは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。