HOT

警備ロボットが街中でソーシャルディスタンスの監視役に

Source: OTSAW

「この公園での集会は認められていません。安全な距離感を維持してください。ゴミのポイ捨ても禁じられています。家から出ず、安全な暮らしを守りましょう」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害が急速に拡大しているシンガポールで、ある無人のパトカーが街ゆく人々に外出自粛を呼び掛ける光景が注目を集めた。

 

 

SLAM技術(自己位置推定と環境地図作成の同時実行)を駆使したこのロボットは、シンガポールやアメリカのシリコンバレーを拠点に活動するセキュリティー会社『OTSAW』が開発した自立移動型の警備ロボット『O-R3』だ。

高精度の全方位カメラが搭載されており、充電が少なくなるとセンサーで感知して自主的に基地に戻るという。収集されたデータは、遠隔で管理しているセキュリティーチームに送られる。

24時間体制で働くO-R3は外出自粛の呼び掛け以外にも、街の治安を守るパトロール担当として今後の活躍が期待されている。

関連記事

  1. 二酸化炭素を汚染物質から有効資源へ
  2. 「貴方に代わって相手に嫌がらせをします」新サービスが波紋を呼ぶ
  3. 「性器が小さい」と言われたことに腹を立てた男が妻を殺害
  4. M7.1の大地震が発生 しかしツイッターでは笑いのネタに
  5. 独身の教師のみに付与される「愛の休暇」とは?
  6. コロナ差別で傷害容疑の48歳男、薬物過剰摂取で死亡
  7. 危篤状態の老夫婦が病室で再会
  8. 増える「女殺し」に女性達の怒りが爆発

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。