ANIMALS

外出禁止令を悪用、猛禽類を狙う違法狩猟が多発

Source: christels/Pixabay

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う厳格な外出禁止令が出されているイギリスで今、野生動物の違法な狩猟活動が多発しているという。

英メディア『BBC』によると、議会法で保護対象とされているオオタカやメンフクロウなどの猛禽類が毒殺や罠猟にかかる被害が相次いでいる。

被害報告は3月中旬にロックダウン(都市封鎖)が開始されたタイミングで急増し、スポーツ・ハンティングで獲物の対象となる雷鳥の個体数を増やす目的であるとの見方が強い。

王立鳥類保護協会(RSPB)は同メディアの取材に応え、外出禁止令の最中で人目につかない状況を悪用していると犯人らを強く非難している。

国内の狩猟協会は警察からの協力を得て、違法行為の取り締まりを強化させると発表した。

関連記事

  1. 79歳母親を生き埋めにした58歳息子を逮捕 介護疲れか
  2. 「食べ方に腹が立った」母親が7歳の娘を鉄棒で撲殺
  3. 「細すぎる」と批判されたジジ・ハディッドが反論ツイートを投稿
  4. 女子学生にスカート着用を強制することは違憲との判決が下される
  5. 中国系の店員に「猫のフライはないか」と聞く動画が人種差別的だと批…
  6. 黒人男性を射殺した白人警官に義援金2600万円以上が集まる
  7. 休館日の故宮で写真撮影 元CAの女性に批判が殺到
  8. ペットの犬が娘の宿題の見張り役に?父親の斬新なアイデアに注目が集…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。