HOT

コロナ苦で女性が自殺未遂 給付金支給を拒否され

Source: StockSnap/Pixabay

パンデミックに伴う夜間外出禁止令や営業自粛などの緊急事態宣言が発令されているタイで先月27日、女性が生活苦を理由に毒薬を飲み自殺を図った。

タイ政府は先月より、貧困層などを対象とした6か月間の5000バーツ(約1万6000円)給付金支給制度を実施している。

しかし現地メディア『Bangkok Post』によると、首都バンコクにある財務省で女性が申請を行ったところ事務員に支給を拒否され、彼女は建物の前で「誰も私のことなんか気にも留めない」などと泣き叫びながらネズミ用の毒薬を飲んだという。

その場で倒れた女性は病院に搬送され、一命を取り留めた。翌日、病院に訪れた財務省職員が彼女の銀行口座に5000バーツを振り込んだと報じられている。

タイでは現在、コロナショックによって急増した生活困窮者の自殺や自殺未遂が社会問題と化している。さらに今回のように、給付金の申請を拒否される人々が相次いでいることも混乱に拍車をかける要因としてみられている。

関連記事

  1. ミシガン州が家畜の平飼いを義務化
  2. ホームレスを追い出そうとしたスタバ店員に批判が殺到
  3. クリステン・スチュワートがカンヌ国際映画祭に裸足で登場!?
  4. “アンチフェミニスト”の弁護士が女性判事…
  5. ミスしたら罰金、昼休憩は20分? 元従業員が告発
  6. コロナ差別からアジア系を守る犯罪抑止団体が誕生
  7. 生後10ヶ月で養子に出した実娘と33年ぶりの再会
  8. ボリウッド女優が「お前は真のイスラム教徒じゃない」と批判される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。