HOT

コロナ苦で女性が自殺未遂 給付金支給を拒否され

Source: StockSnap/Pixabay

パンデミックに伴う夜間外出禁止令や営業自粛などの緊急事態宣言が発令されているタイで先月27日、女性が生活苦を理由に毒薬を飲み自殺を図った。

タイ政府は先月より、貧困層などを対象とした6か月間の5000バーツ(約1万6000円)給付金支給制度を実施している。

しかし現地メディア『Bangkok Post』によると、首都バンコクにある財務省で女性が申請を行ったところ事務員に支給を拒否され、彼女は建物の前で「誰も私のことなんか気にも留めない」などと泣き叫びながらネズミ用の毒薬を飲んだという。

その場で倒れた女性は病院に搬送され、一命を取り留めた。翌日、病院に訪れた財務省職員が彼女の銀行口座に5000バーツを振り込んだと報じられている。

タイでは現在、コロナショックによって急増した生活困窮者の自殺や自殺未遂が社会問題と化している。さらに今回のように、給付金の申請を拒否される人々が相次いでいることも混乱に拍車をかける要因としてみられている。

関連記事

  1. プラスチックごみで遊ぶ野生の子猿達
  2. 「女性の胸は犯罪ではない」上半身裸の女性達が抗議デモ
  3. 患者にニカブを取るよう言及した医師が解雇の危機に
  4. ロシアW杯 フランスが優勝するも、興奮したファンが暴徒化 2人死…
  5. 「白人とアジア人はクズだ」人種差別発言でイスラム系移民を逮捕
  6. 女性の飲酒が合法になった数日後、また違法に逆戻り?
  7. 10年前に投稿したヘイトツイートで人気ブロガーに批判が殺到
  8. ゲーマー女子の「理想と現実」を再現した写真が話題

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。