NEWS

「偏見をなくしたい」 ゲイ夫夫がSNSで家族生活を発信

Source: Instagram

アメリカ東部ニューヨーク州に住むケビン・ディパルマ(トップ画像右)さんとイヴォ・ディパルマ(トップ画像中央)さんは、同性婚を経たゲイカップル(夫夫)だ。

そして2人の間には、2歳の時に養子として迎え入れた息子のナシーム君(トップ画像左)がいる。

ディパルマ一家は「両親がゲイであることに対する、世の中の偏見を無くしたい」という思いで、家族3人の日常生活をInstagramTikTokなどのSNSに投稿しているのだ。

 

View this post on Instagram

Good morning everyone! Hope everyone has a fantastic Saturday! “Act as what you do makes a difference, it does!” By William James. #gaydads #lgbtq #family #parentingLove #FamilyFun #familyfuntime #gayparenting #lgbtfamily #gayswithkids #loveislove #modernfamily #lgbtadoption #dadsofinstagram #gay ##gaydads #lgbtq #family #parentingLove #FamilyFun #familyfuntime #gayparenting #lgbtfamily #gayswithkids #loveislove #modernfamily #lgbtadoption #dadsofinstagram #gay #familygoals

A post shared by Kevin/Ivo/Nasim (@familyfab76) on

 

差別的な扱いを受けていた子供時代はゲイであることに罪悪感を抱いており、「自分はどこかおかしいのではないか」という自己嫌悪に苛まれていたというディパルマ夫夫。

「そういう時、ゲイであることは何も悪くないと教えてくれる人がいたら、どれだけ助けになっていたか」と語り、SNSでの啓蒙活動に勤しんでいるのだ。

 

View this post on Instagram

Me and my little ham hanging out. Love my morning cuddles. #gaydads #fatherhood #gaydadsofinstagram #familyfab76 #familytime #family #lgbtfamily #lgbtq #familygoals #bestfriendsforever #samesexparenting #gayswithkids #twodads #lovemakesafamily #lifeoftwodads #gaycouple

A post shared by Kevin/Ivo/Nasim (@familyfab76) on

 

「ナシームがゲイになるか心配じゃないのかって?いや、全く。ナシームは、神様が与えてくれたありのままの自分になればいいのさ」

両親がゲイだと子供に悪影響を及ぼす、という先入観を打ち砕くため、2人はメディアのインタビューにも積極的に応じている。

 

関連記事

  1. 新しい経済大臣 は「英語スキルがお粗末すぎる」と非難が集中
  2. 医師不足で医学生の早期卒業を奨励 新型コロナ
  3. クリスマス用のツリーに紛れ込んだ小さなフクロウを保護
  4. 「自分を取り戻すため」妻との離婚を決意したゲイのモルモン教徒
  5. 飛行機のヘッドレストに足を乗せる迷惑客の写真が話題に
  6. 旅行中のカナダ人女性に暴行 現地の男を逮捕
  7. パン屋が生活困窮者にベーカリーセットを支給
  8. 瞑想中に真顔で中指を立てる高齢者達の動画が話題

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。