HOT

3密を解消? 街中に「米ATM」が登場

Source: Vimedia

新型コロナウイルスの被害拡大に伴うパニック買いが横行するなか、スーパーなどの店内は混雑となり客同士の小競り合いも問題視されている。

感染リスクを高める密閉・密集・密接の所謂「3密」の状態を解消させようと、ある若き起業家の思い付いた斬新なアイディアに注目が集まっている。

そのアイディアというのは、カメラの前に出てボタンを押すと米が1.5kg出てくるという、その名も『米ATM』。提案者は、ベトナム最大の都市ホーチミンでオートロック会社を経営する35歳のグエン・トゥアン・アン氏だ。

 

 米ATMの利用者と管理スタッフの男性(上) Source: Vimedia

感染リスクを抑えるため、間隔を開けている(上) Source: chu quang manh thang/Twitter

グエン・トゥアン・アン氏(画像左) Source: Writeup.

慈善事業者などからの救済物資に人々が群がることで、怪我人や新たな感染者が出ることを危惧したグエン氏は、主に貧困層に向けて無償で米を提供する場を設けるために1000万ドン(約4万6000円)を投入したという。

米ATMは24時間作動しており、在庫が無くなりそうになるとセンサーで感知して管理側に通知される仕組みになっている。

現地メディアによると、米ATMは急激な需要の高まりを受け、パンデミックが終息するまでの間に100機以上を新設する予定だとグエン氏は話している。

 

 

 

関連記事

  1. 「W杯に優勝したのはアフリカだ!」世界中からフランスに対する冷や…
  2. 倒れた看守を救った受刑者へ刑務所から感謝の意が表される
  3. 飛行機の窓を巡りビジネスクラスの男性客2人が大喧嘩
  4. 「ファーストクラス風」の撮影スタジオ、インフルエンサー達に人気
  5. 早老症の女性を揶揄うTikTokの最新トレンド、本人が苦言を呈す…
  6. 航空会社のCEOが自ら食品の宅配を行うと発表
  7. 虐待に耐えかねたモスクワ在住の三姉妹が父親を殺害
  8. マクドナルドが抽選で100万円相当のビッグマック指輪をプレゼント…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。