NEWS

黒人蔑視用語の使用でプロレーサーが出場停止処分に

Source: Kyle Larson/Instagram

アメリカ最大のモータースポーツカップ『NASCAR』で活躍するプロレーサーが、黒人蔑視用語である『ニガー』を使用したとして無期限の出場停止処分を受けた。複数の欧米メディアが報じた。

南東部ノースカロライナ州を拠点とするレーシングチーム『チップ・ガナッシ・レーシング(Chip Ganassi Racing)』に所属する日系アメリカ人のカイル・ラーソン氏(トップ画像)は12日、新型コロナウイルス感染防止のため開催されていたバーチャルレース『iRacing』に参戦していた。

しかし彼は試合中、指示役の声がヘッドフォンから消えたため「僕の声は聞こえないか?」と不具合を確認した後、問題となった差別用語を発言したと英メディア『The Guardian』は伝えている。

 

View this post on Instagram

One of the hardest fought top 5’s I’ve gotten in my career for sure! Proud of the effort from my whole team on that one today. Onto some good tracks for me!

A post shared by Kyle Larson (@kylelarsonracin) on

 

ライブ配信のなか放送されたラーソン氏の発言は多くの視聴者から批判を浴び、彼の主要スポンサーであるマクドナルドなどが立て続けにスポンサーを降板。加えて、彼の発言を公式に非難した。

その後、NASCARがラーソン氏に対する無期限の出場停止処分を講じ、さらにチップ・ガナッシ・レーシングは彼を解雇すると発表した。

ラーソン氏は自身の発言についての謝罪動画をツイッターに投稿し、以下のように弁明した。

 

 

「決して言ってはならないことを言ってしまった。僕のミスだ、言い訳は通用しない。僕の両親は、そんな育て方はしていない。俺の家族、友達、パートナー、NASCARの人達、そしてアフリカ系アメリカ人の方々に不快な思いをさせてしまい、深くお詫び申し上げます」

NASCARは、ラーソン氏が復帰するには差別に関する基礎知識習得プログラムの受講が必須であると述べている。

 

関連記事

  1. 国王誕生日を祝い、国民に「野良犬の保護」を奨励?
  2. 夫婦が結婚式にライブ配信で出席?新型コロナ対策で
  3. 美人女優、タイで絶滅危惧種の貝を捕獲し懲役5年の危機
  4. 友人との口論の末、卵42個を一気食いした男性が死亡
  5. 防水スニーカーブランドが医療施設に靴とマスクを寄贈
  6. 42歳男が不倫相手だった妻の姪を銃殺
  7. 可愛すぎる!ペットのキツネの写真を投稿するインスタアカウント
  8. 鬱状態だったケイティ・ペリー、どん底時は親友の家で泣き崩れたこと…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。