HOT

腕のない障碍者の女性が両足で防護服を縫製

Source: Facebook

新型コロナウイルスの感染拡大により、医療現場における防護服の不足が深刻化している。

そうした危機的状況のなか、腕に障碍を持つ32歳の女性が、両足を巧みに使って防護服を縫製する映像がマレーシアで話題を呼んだ。

 

 

北部ペラ州出身のノルファラ・シャヒラ・シャーリさん(トップ画像)は、生まれつき両腕がない障碍を抱えており、食事や車の運転など両足を駆使しながら行っている。

現地メディアによるとシャーリさんは、同州にあるトゥルッ・インタン病院とトゥルッ・インタン診療所でのボランティア活動に参加し、1週間で252枚の防護服を縫製しているという。

シャーリさんは両足のみでミシンを使いこなし、さらに1日で8枚の防護服を完成させてしまうほど器量の大きい持ち主なのだ。

 

 

「両足を使って日々の業務をこなすことを学んだの。縫製は8年前、素敵な服を作りたくなった時に独学で身に付けたわ」

マレーシアの英字メディア『New Straits Times』の取材にこう応えたシャーリさんは、今では足で針に糸を通す作業も1秒で終わると語った。

医療従事者の荷が少しでも軽くなるよう直向きに努力する姿は、国内外のメディアに大きく取り上げられ、SNSではシャーリさんへの称賛の声が多数送られている。

 

 

 

 

関連記事

  1. イスラム系の回族が中国政府のモスク解体計画に猛抗議
  2. 新型コロナ対策?ペットの犬を生き埋め、窓から投げ捨てる
  3. 300万円で駐車スペースを購入するも、狭すぎて降車できず
  4. 「愛を証明して」元恋人の殺害を計画した17歳少年を逮捕
  5. 宝飾はダイヤモンドと隕石!?22億円の靴がドバイでお披露目
  6. ライブ配信中に白人男性から妨害された女性の寛大な対応が話題に
  7. 10代の女性がダンス動画を投稿して逮捕される
  8. 黒人死亡事件の暴動からスーパーを守る市民の姿

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。