CELEBS

セミヌードは「わいせつ画像」? 政府がモデルに警告

Source: Tara Basro/Instargram

インドネシア当局が先月、ある29歳モデルの投稿したセミヌード写真を「わいせつな画像」として削除を要請し、強い非難の声が続出した。

首都ジャカルタ出身のタラ・バスロさん(トップ画像)は、非現実的な美の基準やボディシェイミングなどを真っ向から批判し、周囲からの評価に惑わされずありのままの自分を愛するよう促進していることで高い人気を博しているモデル兼女優だ。

そんなメッセージを伝えようと、彼女はツイッターに「Worthy of love(愛するに値する)」とのキャッチフレーズが記載されたセミヌード写真(トップ画像右)を投稿。

すると、通信情報技術省から「情報電子取引法違反に抵触する性的コンテンツに該当する」という警告が来たというのだ。

 

View this post on Instagram

Dari dulu yang selalu gue denger dari orang adalah hal jelek tentang tubuh mereka, akhirnya gue pun terbiasa ngelakuin hal yang sama.. mengkritik dan menjelek2an. Andaikan kita lebih terbiasa untuk melihat hal yang baik dan positif, bersyukur dengan apa yang kita miliki dan make the best out of it daripada fokus dengan apa yang tidak kita miliki. Setelah perjalanan yang panjang gue bisa bilang kalau gue cinta sama tubuh gue dan gue bangga akan itu. Let yourself bloom 🌸✨

A post shared by Tara Basro (@tarabasro) on

 

インドネシアの英字メディア『Coconuts Jakarta』によると、セミヌード写真は数万件以上のいいね!に称賛の声が多数寄せられていたが、その後バスロさんは警告に従い画像を削除した。

これに多くのファンが「どこが性的だと言うんだ」と、同省に対する怒りを爆発させた。さらに「新型コロナウイルス対策も不十分なのに、モデルの写真を取り締まる時間はあるんだな」と辛辣に批判したツイートは7400件に上るいいね!が集まっている。

 

 

今回バスロさんの写真を違法とした情報電子取引法の条項『UU ITE』は、「厳格すぎる」「女性差別」として以前から国内で批判の対象となっているという。

また、ネット上における表現の自由を擁護する団体『SAFEnet』が通信情報技術省に対する非難声明を公開。同法の施行は性差別に基づいており、女性にとって有害であると指摘している。

関連記事

  1. トランスジェンダーの女性が地方議会議員に選出
  2. トランプ大統領の息子がツイッターで大失態を晒してしまう?
  3. 「ブス」や「デブ」と言うと犯罪者に?国内の新法に称賛の声
  4. 人種差別による虐め認知件数が過去最大に
  5. キム・カーダシアンが代理出産で第3子を授かるが、代理母は妹のカイ…
  6. 母親の体罰で脳を損傷した8歳の女の子が死亡
  7. 「仕事を奪った移民を射殺する」インド系の家庭に脅迫状が届く
  8. 問題児から芸術家に?9歳の男の子のイラストが話題を呼ぶ

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。