HOT

「新型コロナはゲイに対する天罰」 宗教指導者の発言に波紋

Source: Rebbe Clips/YouTube

正統派ユダヤ教の指導者が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックはLGBT+(性的少数派)コミュニティーに対する天罰であると発言し波紋を呼んだ。

現地メディア『イスラエル・ハヨム』によると、極右政党『ヤチャド』の元党首でありブネイ・ブラク市にある神学校の校長を務めるメイア・マズズ氏(トップ画像)は先月8日、神学校での演説を行っていた際、以下のような発言をした。

「(ゲイパレードは)自然に反する行為だ。そして自然に歯向かった者は、自然を創造した者による復讐を受けるのだ」

さらにマズズ氏は、COVID-19が世界中で猛威を振るう原因はゲイパレードを開催しているからであると唱えた。一方で、「だからアラブ諸国では被害の規模が小さいんだ」と主張。アラブ諸国では感染例が1件のみと間違った情報を流し、イランでの感染拡大は「イスラエルを忌み嫌っているからだ」などと訴えていた。

同氏の発言は「不謹慎」であり「宗教を迫害に利用するべきではない」と国内外で波紋を呼んだ。イスラエルのシオニスト団体『Ne’emanei Torah Va’Avodah』やアメリカのユダヤ人団体『名誉毀損防止同盟』から強い非難声明が寄せられ、後日マズズ氏は謝罪を表明した。

 

関連記事

  1. 外出禁止令はチャンス? 丸刈りに挑戦する女性が急増中
  2. アジア系を狙った集団暴行を止めようとした男性、犯人に顔を殴られ重…
  3. 人権大臣、アナと雪の女王は「子供達をゲイにさせる」と主張
  4. 看護師が8歳の男の子に臓器を提供し命を救う
  5. 街の債務者を特定? 裁判所の開発した新アプリとは
  6. ドーナツ店がベーコンのスライスのみを新発売!?
  7. 「同性愛は罪」と唱える牧師の前で濃厚キス
  8. 子猫の病気を心配するも、ただのおデブだったと判明

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。