HOT

【新型コロナ】移民・難民が医療従事者のヘルパーとして活躍

Source: Instagram

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う医療崩壊が懸念されているなか、現場の最前線で戦う医療従事者からは心身ともに疲労が溜まっている。

彼らの負担を少しでも減らそうと、中東やアフリカなどから来た難民達が消毒作業や食事提供、マスク製造など医療施設のヘルパーとして活躍しているのだ。

 

View this post on Instagram

I’m from Damascus, but I live in London. I’m technically a Londoner. The hospital in my neighbourhood put a call out for help, and I have just finished my first week disinfecting and cleaning Covid wards after receiving training. “Coronavirus knows no borders; neither does love.” . . . While I have your attention, please donate to the Choose Love Covid appeal. Link in my bio.

A post shared by Hassan Akkad حسّان عقاد (@hassanakkad) on

 

壊滅的な内戦の続くシリアから逃れてきたハッサン・アッカドさん(上)は、自身のインスタグラムで防護服に身を包んだ自撮り写真を投稿。

「僕はダマスカス(シリアの首都)出身だけど、ロンドンに住んでいる。近くの病院がヘルパーの募集をしていたから、訓練をした後に病室の消毒作業を終えたよ。コロナウイルスは国境を知らないが、愛も国境を知らない」

アッカドさんはインスタグラム上で、同じく医療従事者のヘルパーとして働いている難民の知人らを紹介している。彼らの中には消毒作業員以外にも、弁当係や清掃員など様々な形で援助を行っているようだ。

 

View this post on Instagram

Meet the inspiring refugee and immigrant chefs feeding those in need during this crisis.⠀ ⠀ In Baltimore, USA, @merakitchencollective is giving back to their community and preparing meals for healthcare workers and those in need. ⠀ ⠀ Oh, and the catering company is owned and run entirely by women!⠀ ⠀ #COVID19 #coronavirus #food #Baltimore #community #corona #COVID #refugees #WithRefugees

A post shared by UNHCR, the UN Refugee Agency (@refugees) on

 

さらに、移民や難民の女性達が経営・運営しているメリーランド州のケータリング会社『Mera Kitchen Collective(上)』は、最前線に立たされている医療従事者や地域住民らに無償で食事を提供。

義援金を募ることで経営体制を維持しており、移民・難民のみならずコロナ不況で職を失った飲食業の人々も雇用しているという。

 

関連記事

  1. 10代の女性がダンス動画を投稿して逮捕される
  2. ミランダ・カーが第2子を妊娠
  3. IKEAが子供用ランチを無料で提供
  4. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈
  5. アジア人女性を卑下した動画に批判殺到
  6. 「メリークリスマス」が差別用語に? クリスマスを巡り保守派とリベ…
  7. 結婚式に登場したキャバリアの子犬に視線が釘付け
  8. 男がブラックフェイスで出廷「俺を黒人みたいに扱いやがって」

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。