CELEBS

ミスイングランドが医療現場への復帰を希望

Source: Instagram

インド系イギリス人で医師のバーシャ・ムカルジーさん(Bhasha Mukherjee=トップ画像)は、2019年度ミスイングランドでグランプリに輝いた才色兼備の持ち主。

以降は、アジアを中心に活動する慈善事業のアンバサダーを務めるために医療現場を離れ、インドやパキスタンなどを訪問していた。

しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で大打撃を受けている母国を憂慮したムカルジーさんはミスイングランドとしての仕事を中断。再び医師として働くことを決意したのだ。

 

View this post on Instagram

#Stayhome We owe it to our brilliant NHS staff and healthcare staff all over the world to atleast follow one simple step: stay at home. Our fore father's lasted world wars , famines , great depression, partitions, haulocaust – the trauma of which was by far much bigger than anything we are facing right now constricted within our own four walls. Health care staff are risking their lives for us so let's risk our mere leisure for a little while to say thank you to them. Video by @soulful_s @missenglandnews

A post shared by Dr Bhasha Mukherjee (@bhashamukherjee) on

 

米メディア『CNN』の取材に応えたムカルジーさんは、人道支援目的といえど世界中が疫病に苦しんでいるなかで、ミスコンのティアラを身に着けるのは間違っていると強く感じたことを明かした。

「慈善事業のアンバサダーとして働いているけれど、綺麗な服を着て常に美しくあることが求められてる。でも私は母国に帰って、(医師の)仕事に取り掛かりたいの」

「私が医師免許を取得した理由は、これなんだって気付いたの。今がそれを使う最も適した時期なのよ」

同メディアによると、現在イギリスに帰国しているムカルジーさんは2週間の外出自粛の後、元職場であるピルグリム病院で医師として復帰する予定だ。

関連記事

  1. パリス・ヒルトン、自伝映画で酷遇を受けた過去を明かす
  2. 児童を強姦し撮影したカップルの男女に懲役21年
  3. レスリング審判が試合直前に黒人選手に髪を切るよう指示
  4. 鬱状態だったケイティ・ペリー、どん底時は親友の家で泣き崩れたこと…
  5. 黒人死亡事件の暴動からスーパーを守る市民の姿
  6. 宿題を忘れた罰?子供に物乞いをさせた父親に非難の声
  7. Ben & Jerry’sが植物由来のビー…
  8. ソウルの夜空にドローン300機が出現、コロナ対策を促進

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。