NEWS

コンドームの巨大広告にゲイカップルが登場

Source: Instagram

「Challenge the norms(規範に挑め)」とのキャッチフレーズが添えられたコンドーム会社『durex』の巨大広告に、ロンドンに住むゲイの男性2人が採用された。そして、モデルの1人であるマイケル・アルソップさんが自身のインスタグラムにその喜びを語った。

北アイルランドのベルファスト出身のアルソップさんは、カトリック教徒の家庭で生まれ育った。そのため、「ゲイ」や「クィア」などLGBT+を指す言葉は下品なものとして認識されていたという。

そうした環境で生きてきた彼にとって、ゲイである自分がずっと嫌いだったと明かす。

 

View this post on Instagram

ON A BILLBOARD – just where I like my picture to be! I am beyond proud to be part of such an incredible campaign with such an important message. Breaking down the pressure and stereotypes around sex and allowing people to enjoy their bodies. This campaign is very personal to me. Growing up in Belfast, and being from an Irish Catholic background, the words QUEER and GAY were often considered dirty words. After a long hard battle with the internalised homophobia and sexism that I was taught from a young age, I embarked on a journey of self acceptance, love and growth. This is when I learnt how to accept myself. At around 17 years old I took a vow that as I grew older I would be the QUEER that I needed to see when I was 12 years old. That 12 year old boy who was really struggling and couldn't see a way out. Every day I try to present my authentic self, even though at times it has been hard or has lead to harassment. Now, here I am with my love Sean on a billboard celebrating love and sex and being real. Feeling very proud of myself and I hope someone who is struggling sees this post or the ad and it helps them to hold on and fight for a brighter future. SELF LOVE AND CELEBRATION IS A BIG VIBE FOR 2020 Campaign shot by photographer @emilyscarlettromain #givelove

A post shared by Michael Allsopp (@allyourmichael) on

 

「ゲイ嫌いや性差別。子供の頃から刷り込まれてきた自己嫌悪との長い闘いに、ある日終止符を打つ時が来たの。自分を愛して、成長する旅に出たのよ」

そして17歳になったアルソップさんは、「出口が見付からずにもがき苦しんでいた12歳の自分が、ずっと思い描いていたクィアになることを決めたの」と、自らの意志で負の連鎖を断ち切ったのだ。

それ以降、彼は自己実現に尽力し、ありのままの自分を受け入れる生き方を選んだ。

「そんなこんなで、今は恋人のショーンと一緒に、愛とセックスと自分自身を祝賀する巨大広告に載るに至ったの。とても誇りに思うし、同じように苦しんでいる人達に少しでも勇気を与えることが出来たら光栄に思うわ」

北アイルランドでは今年2月に同性婚が合法化され、同月に地元出身では初となるレズビアンカップルが結婚式を挙げた。

関連記事

  1. 警備ロボットが街中でソーシャルディスタンスの監視役に
  2. 黒人男性を射殺した白人警官に義援金2600万円以上が集まる
  3. 今年のミス・ユニバースはフィリピン代表!でも国内では”…
  4. 23歳女性、娘を強姦した男の性器を切り落とし逮捕される
  5. 清掃車が爆発、糞尿が住宅街に散乱
  6. 生薬の需要増加でロバの乱獲と密輸が懸念される
  7. 倒れた看守を救った受刑者へ刑務所から感謝の意が表される
  8. 雲南省の動物園が「パンダの糞」をお土産として提供

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。