FOOD

SNSで地元の飲食店を支援 コロナ不況のなか

Source: GeorgiaJames/Instagram

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害拡大に伴う外出制限措置を受け、アメリカ各地の飲食業が悲鳴を上げている。

収入の激減で従業員の解雇や家賃滞納に悩まされているのは、大手も個人店も同じだ。

こうした緊急事態のなか、SNSで地元のレストランを支援するための試みが開始された。

 

 

ツイッターアカウント『#thegreatamericantakeout(グレート・アメリカン・テイクアウト)』はハッシュタグ機能を利用して、ユーザーらに地元にある飲食店で持ち帰りメニューの注文を激励している。

その料理の写真をハッシュタグと共にSNSにシェアし、コロナ不況で廃業の危機にある飲食店を協力して支援しようという呼び掛けだ。

ツイッターやインスタグラムで「#GreatAmericanTakeout」と検索すると、レストランなどで購入したテイクアウトフードを多数閲覧することができる。また来店客のみならず、店側も客の呼び込みに同ハッシュタグを利用しており、各店が自慢の料理をアピールしているのだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by Slim's Chicago (@slimschicago)

 

View this post on Instagram

A post shared by Dave’s Wingz N’ Thingz (@daveswingznthingz)

 

View this post on Instagram

A post shared by Shannon Lowry (@shenanigansdownsouth)

 

View this post on Instagram

A post shared by Legends Pizza Co (@legends_pizzaco)

関連記事

  1. 「同性愛は罪」と唱える牧師の前で濃厚キス
  2. 日本のペットショップを「犬肉市場」呼ばわり?アジア系コミュニティ…
  3. 独身の教師のみに付与される「愛の休暇」とは?
  4. 意外と知られていないセレブ達の兄弟/姉妹
  5. マクロン大統領が10代の時に書いたという官能小説が話題に
  6. ユーチューバーが人種差別発言!?彼が広告主を怒らせたワケとは
  7. アジア系を「黄色い人」と呼んだ黒人女性に批判が殺到
  8. 盗撮行為に対する大規模な抗議デモが実施される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。