HOT

脱北者が人生初の投票 テキサス予備選挙で

Source: Twitter

2007年に難民としてアメリカに渡った脱北者が、先月テキサス州で行われた予備選挙で人生初となる1票を投じた。

現在は同州の首都ダラスにあるジョージ・W・ブッシュ大統領センターで働いているジョセフ・キム氏(トップ画像)は、投票を終えた後に星条旗の描かれた「I Voted(投票しました)」というステッカーを身に着け、同センターからのインタビューに応じた。

「生まれて初めて投票に行ってきました。今の気持ちは・・・うまく表現できません」

 

「でも民衆が自由にリーダーを選べるように、投票権の順守に尽力している人達がいることは重々理解できています。そして、この特権には重大な責任が伴うことも。1票を投じる経験が出来て、とても嬉しく思います」

90年代に北朝鮮で発生した大飢饉から逃れるため、12歳の時に家族と中国に亡命したキム氏。そこで運よく心優しい女性に保護された彼は地下活動家からの援助を受け、アメリカ人の里親に引き渡されたという。

アメリカの大学で国際関係学を専攻したキム氏は、ジョージ・W・ブッシュ大統領センターの『Human Freedom Initiative』で人権促進運動に従事している。

関連記事

  1. パリの全裸レストランが”人気不足”で閉店…
  2. 医療施設の前で「コロナはデマ」と主張する集団に医師が苦言
  3. 「救世主ぶるな」アン・ハサウェイ、黒人を擁護したつもりが逆効果に…
  4. コロナ苦の人々を救済するため、土地を売却したパーシャ兄弟
  5. 鬱病から抜け出し、フェレットと一緒に世界旅行を決意
  6. 母親が母親を呼び・・・「4世代チャレンジ」が話題に
  7. 美女ラッパーが警察に暴行 懲役5年の危機
  8. 住処を追われた「神の化身」 野生の猿による襲撃事件が多発

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。