ANIMALS

「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到

Source: 쏘영 Ssoyoung/YouTube

自分が食事をする映像を見せる『モッパン(먹방)』は、視聴者の食欲をそそり世界中で人気が高まっているコンテンツだ。

そんなモッパン動画の投稿で知られている韓国人YouTubeのソヨン(쏘영 Ssoyoung=トップ画像)氏が、海洋生物を残虐に扱っているとして英語圏のユーザーから大バッシングを受けているのだ。

今月9日、登録者数650万人を誇る『h3h3Productions』のイーサン・クレイン氏が、彼女のモッパンを紹介する動画を投稿した。

そこでソヨン氏がイカとタコを捌く映像を見た彼は、「残忍な行為を意図的にクローズアップして視聴者に見せ付けているぞ」「こうやって驚く振りをしていなかったら、完全に異常者として見られていたな」などと辛辣に批判した。

 

 

クレイン氏の動画は200万に迫る再生回数と14.5万件以上のいいね!が付き、大きな注目を集めた。コメント欄には「本当に気持ち悪い」「可愛い子ぶるな」「なぜ削除されないんだ?動物虐待だろう」など、ソヨン氏に対する非難の声が相次いでいる。

さらに、ソヨン氏への大バッシングが渦巻くなか、「文化だから仕方がない」という意見にも厳しい反論が出ているようだ。

日本人ハーフのYouTuberタイラー・レッチェ(Tyler Rugge)氏は今月4日、彼女のモッパンを批判した動画を投稿。活け造りが文化として存在することを認めた上で、「文化だからといって、全てが正当化されるわけではない。彼女のしていることは、アジア諸国でも受け入れがたい行為だよ」と主張した。

 

 

レッチェ氏の動画には好意的な反応が多く見られ、アジア系の人々からも「これはアジアの文化ではない」と彼の主張を支持する声が続出。

ベトナムと中国のルーツを持つユーザーの1人は、「文化を言い訳にするのはどうかと思う。アジアの本当の文化は、どんな貧しい地域でも命に敬意を持って、動物の苦痛を可能な限り和らげるようにしているよ。閲覧数を稼ぐために残虐に扱うなんて許されない」と訴えていた。

関連記事

  1. 経済を支える移民労働者へ物資支援の呼びかけ始まる
  2. セクハラ容疑で停職処分を受けたBBC司会者が辞職 調査不足で冤罪…
  3. 子猫の病気を心配するも、ただのおデブだったと判明
  4. イスラム系の回族が中国政府のモスク解体計画に猛抗議
  5. 野生動物の摂取・取引が禁止に?新型コロナ被害を受け
  6. 白人警官の射殺シーンを再現? 吹奏楽部の演劇が物議を醸す
  7. 9歳女児に猥褻行為、上海の不動産王に有罪判決
  8. 都市封鎖でペンギンが自由気ままに道端をお散歩

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。