ANIMALS

【ブラジル】小さなペンギンと71歳おじいちゃんの友情物語

Source: Joao Paulo Krajewski

71歳の男性が海岸で危篤状態にあったペンギンを救出し、そのペンギンが毎年夏になると必ず彼の家に戻ってくるというストーリーが世界中で話題を呼んだ。

現地メディアの取材に応えたブラジルの生物学者ジョアン・パウロ・クライェフスキ氏が、その内容を自身のフェイスブックにシェアした。

同投稿によると、ペンギンを救い出した男性は首都リオデジャネイロにある『グランデ島(Ilha Grande)』に住む、元石工職人のジョアン・ペレイラ・デ・ソウザさん(トップ画像)。

ペレイラ・デ・ソウザさんは2011年5月、自宅の裏庭で原油にまみれた1匹のマゼランペンギンを発見した。彼はペンギンの身体を綺麗に洗い流し、体力が回復するまでの数日間、自宅で保護していたという。

愛らしいオスのペンギンは「ディンディン」と名付けられた。まだ幼い孫息子が、ペンギンのことを「ディンディン」と間違った発音で呼んでいることが名前の由来だという。

そしてディンディンの体調が十分に回復したことを確認し、ペレイラ・デ・ソウザさんは彼を海に返した。するとその日の夜、裏庭から鳴き声が聞こえたため駆け付けると、ディンディンが彼の家に戻ってきていたのだ。

 

Source: EzPzPics/Pixabay

その後ディンディンは、ペレイラ・デ・ソウザさんの自宅でペットのように過ごしていた。しかし翌年の2月、ディンディンは突然姿を消してしまったという。

彼は米メディア『ABC News』の取材に対し、ディンディンが居なくなった間の心情をこう話している。

「周囲からは『もう諦めろ。ディンディンは戻ってこないよ』と言われていたが、僕はまた来るんじゃないかと思っていたよ」

すると同年6月、彼は自宅付近のビーチでディンディンを見付け、2人は4ヶ月ぶりに再会したのだ。

「彼はドアにいた僕を視た瞬間、嬉しそうに僕の元へ駆け寄ってきたよ」

夏から秋までの期間はペレイラ・デ・ソウザさんの自宅で過ごし、冬になると大海原へ旅立つディンディンの行動は毎年繰り返されるようになったという。

ディンディンが冬場にどこで生活しているのかは分かっていないが、マゼランペンギンの習性として彼らはパートナーと繁殖地に対する忠誠心が高く、遠洋する時期以外は何年間も同じ場所での繁殖と育児を行うようだ。

しかし繁殖目的だけではなく、ディンディンのように友情を育んだ場所も大切にする個体は他にいるのだろうか。クライェフスキさんによると、研究チームはディンディンにタグを付けて血液を採取し、マゼランペンギンの生態研究を進めているという。

関連記事

  1. 【イギリス】人身売買の被害女性を救ったタクシー運転手に称賛の声
  2. 【アメリカ】9歳男児が先生に15ドルをプレゼント?教員の低賃金問…
  3. ニキビ肌を馬鹿にされたケンダル・ジェンナーが批判をぶった切る!
  4. 【アメリカ】アオザイを着たカントリー歌手に「文化盗用」と批判が続…
  5. 【イラン】10代の女性が「ダンス動画を投稿した」ために逮捕される…
  6. 【アメリカ】元国連大使の娘を殺人容疑で逮捕
  7. 【南ア】オス猿がライオンの子供を誘拐?しかも子煩悩
  8. イギリス人は妊婦が電車内で立っていたら席を譲るのか?ブロガーが実…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。