CRIME

「内戦を目論んだ」疑いで極右団体メンバー12人を拘束

Source: Bundespolizei

ドイツ当局は先月14日、国内6州13都市で行われた特殊部隊による強制捜索で、男12人を「国家の社会秩序を乱し、内戦状態に引き込もうとした」疑いで逮捕・起訴した。

複数の欧米系メディアによると、逮捕されたなかの4人は昨年9月に発足した極右団体の主要メンバーで、「政治家、難民、イスラム教徒に対する攻撃」を目論んでいたことが検察の調べで分かった。

また他の8人は同団体への武器供給や資金提供を行っており、捜索中に武器が数点発見されたと検察側は述べている。

ドイツ当局は近年、国内における極右勢力によるヘイトクライムの増加に神経を尖らせている。

昨年6月には、移民や難民擁護を公言していたヘッセン州カッセルのワルター・リュブケ知事が自宅で射殺され、SNSなどネット上には保守層から殺害を称賛する声が多数上がっていた。

さらに昨年10月はザクセン=アンハルト州のユダヤ礼拝所で襲撃事件が発生し、反ユダヤを声高に訴える27歳男が住民2人を殺害し逮捕されている。

関連記事

  1. ミスしたら罰金、昼休憩は20分? 元従業員が告発
  2. カフェが病院で無料の水出しコーヒーを提供
  3. 「餓死か安楽死」 営業自粛で動物園が悲鳴
  4. 国王誕生日を祝い、国民に「野良犬の保護」を奨励?
  5. 若手ラッパーLil Pumpがアジア系を侮辱し批判の的に
  6. 史上最多いいね!を獲得したのは「卵」?王座を奪われたカイリー・ジ…
  7. 【新型コロナ】移民・難民が医療従事者のヘルパーとして活躍
  8. ノルウェーで電気自動車の販売台数が全体の半分弱に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。